新装版 細雪 上 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年07月23日
商品形態:
電子書籍

新装版 細雪 上

  • 著者 谷崎 潤一郎
発売日:
2016年07月23日
商品形態:
電子書籍

戦争の気配迫る昭和初期の大阪を舞台にした四姉妹の物語。谷崎の代表作!

旧家・蒔岡家の四人姉妹、鶴子・幸子・雪子・妙子。上流社会に暮らす一家の日々が描かれる。上巻では、奔放な四女・妙子の新聞沙汰、美しいが無口で未婚の三女・雪子の縁談を巡って物語が展開してゆく――。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「新装版 細雪 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あなたは覚えているだろうか。やることすべて真似して後ろを着いてきたあのころのことを。少し煩わしく、けれども圧倒的な可愛さで愛でずにはいれなかった幼いあなたが、思いもかけずひとり立ちをしようと将来すら目 あなたは覚えているだろうか。やることすべて真似して後ろを着いてきたあのころのことを。少し煩わしく、けれども圧倒的な可愛さで愛でずにはいれなかった幼いあなたが、思いもかけずひとり立ちをしようと将来すら目測していることに、はっとさせられ誇らしい。ようでやはり少しさみしい。揃って見られるのも今年で最後かと、思ってみる桜がまた一年延びるのは、憐れなようでやはりどうしようもなく嬉しい。あなたの幸せを願いながら、そばにいられることによろこんでしまう姉を、どうか許してほしい。散ってしまう桜を、惜しんでしまうことを。 …続きを読む
    ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中
    2019年12月31日
    190人がナイス!しています
  • 谷崎潤一郎といえば『細雪』と受験勉強で詰め込んだ記憶と、耽美という名でのエロやフェチのイメージばかり…つい最近ようやく案外と読みやすいことに気付かされたが、こんなに清純で日常な姉妹の物語を目にしてまた 谷崎潤一郎といえば『細雪』と受験勉強で詰め込んだ記憶と、耽美という名でのエロやフェチのイメージばかり…つい最近ようやく案外と読みやすいことに気付かされたが、こんなに清純で日常な姉妹の物語を目にしてまたビックリ!まさに百聞は一見にしかずだなと…上流階級に暮らす美人四姉妹、その三女 雪子のお見合い話を中心に描かれる女心は複雑そのもの。『痴人の愛』での男の間抜けさと対比するのが面白い(笑)それほど忙しくもない展開を楽しめるのは、咲き誇る桜が散る様など、季節感たっぷりの関西の街並を実に美しく思い浮かばせる故かな♬ …続きを読む
    nobby
    2020年03月21日
    123人がナイス!しています
  • 昭和初期、大阪、船場の旧家の生まれである蒔岡家の四姉妹(鶴子、幸子、雪子、妙子)が織りなす日々の暮らしぶり。内気で華奢な印象の楚々とした美しさを纏う三女の雪子。彼女の縁談を軸に展開される人間模様と共に 昭和初期、大阪、船場の旧家の生まれである蒔岡家の四姉妹(鶴子、幸子、雪子、妙子)が織りなす日々の暮らしぶり。内気で華奢な印象の楚々とした美しさを纏う三女の雪子。彼女の縁談を軸に展開される人間模様と共に四季の移ろう姿が、心地良く響く柔らかな船場言葉を通して綴られ、雅な情景が目に浮かんでくるよう。袋帯の微かに鳴る音にこぼれる笑み、月見の晩に雪子へ想いを寄せ書きする優しさ。京都の桜を愛でる姉妹たちの佇まいから喜びや切ない願いが伝わり、美しさに魅了されます。長女鶴子の夫の栄転により本家は東京へ移住することに…。 …続きを読む
    アン
    2021年01月07日
    102人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品