アクアマリンの神殿

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041040225

関連作品有り

アクアマリンの神殿

  • 著者 海堂 尊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041040225

「バチスタ」シリーズの"未来"を描く、海堂尊の新境地!

未来医学探究センターで暮らす佐々木アツシは、真実を隠して中学生活を送っていた。彼の業務は、センターで眠る、ある女性を見守ること。だが彼女の目覚めが近づくにつれ、少年は重大な決断を迫られる――。

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

プロモーションムービー


「アクアマリンの神殿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2016年460冊め。設定に首を傾げながら読み進め、つまりはこの作品の前日譚があるらしいと気づくがそのまま読了。人口冬眠(凍眠)から5年ぶりに目覚めた少年が学校に通い、友人を得ることで成長していく。学 2016年460冊め。設定に首を傾げながら読み進め、つまりはこの作品の前日譚があるらしいと気づくがそのまま読了。人口冬眠(凍眠)から5年ぶりに目覚めた少年が学校に通い、友人を得ることで成長していく。学園のシーンでは優秀な学生達が切磋琢磨している雰囲気がなぜだか懐かしい。自分の学生生活はこうじゃなかったけれど。前日譚と後日談はおいおい読む予定。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年06月23日
    96人がナイス!しています
  • 表紙で選んでしまったが、1巻『ナイチンゲールの沈黙』2巻『モルフェウスの領域』をぶっ飛ばしてた!!!Σ( ̄□ ̄;)コールドスリープした佐々木アツシの話だった!!!Σ( ̄□ ̄;) 表紙で選んでしまったが、1巻『ナイチンゲールの沈黙』2巻『モルフェウスの領域』をぶっ飛ばしてた!!!Σ( ̄□ ̄;)コールドスリープした佐々木アツシの話だった!!!Σ( ̄□ ̄;)
    あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)
    2020年03月11日
    86人がナイス!しています
  • 読了。いい意味での海堂ワールドでした。あのアツシ君が勝ち取った!頑張ったね~終盤に田口、高階コンビも登場してショコちゃんも相変わらず元気そうだった。安心して読み終わりました。安定の作品ってのも良いです 読了。いい意味での海堂ワールドでした。あのアツシ君が勝ち取った!頑張ったね~終盤に田口、高階コンビも登場してショコちゃんも相変わらず元気そうだった。安心して読み終わりました。安定の作品ってのも良いですよね。 …続きを読む
    五右衛門
    2019年02月02日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

バチスタシリーズの著者の最新作と聞き、楽しみに読みましたが、良い意味で裏切られました。登場人物たちの描写が新鮮で、頭の中で勝手に動き回るような、自然に楽しめる一冊でした。(わいわいさん)

先が読めない展開で、とにかく続きが気になって気になって夢中で一気に読みました。青春物にちょっぴり恋愛模様が混じり、読み終えた後、是非続きをお願いします!と言いたくなりました。全体的に静かな雰囲気の中で日常のありふれた(?)学生生活がキラキラ輝いていて、読んでてすごく楽しかったです。(イマニーさん)

最新の医療技術の技術面とそれにかかわる組織と人間関係の問題を描いてきた著者の多くの作品と異なり、ここでは5年間の凍眠を取り上げながらも、主人公である凍眠管理者の少年の内面の記述に絞ったので、大仕掛けな仕組みについていけない読者にも読み易い。(silverkさん)

著者紹介

海堂尊(かいどう・たける)

1961年千葉県生まれ。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『チーム・バチスタの栄光』で2006年デビュー。他著に『ジェネラル・ルージュの凱旋』『ジーン・ワルツ』『ケルベロスの肖像』『モルフェウスの領域』『輝天炎上』など多数。現在、独立行政法人放射線医学総合研究所・重粒子医科学センター・Ai情報研究推進室室長。

この著者の商品

最近チェックした商品