試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048657723

人生はアイスクリーム

  • 著者 石黒 敦久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048657723

やがて儚く消えるものだからこそ、甘く愛おしい

やがて儚く消えるものだからこそ、甘く愛おしい。
誰もが共感できる、切ない感動ストーリー!

妻と娘を喪ったことで、いつも自殺のことばかり考えている宗太。なにを食べても吐いてしまうため、コーヒーとポカリしか口にしない生活を送っていて、餓死まであとわずか……といったある日、アメリカに住んでいる姉と、その娘が突然、自宅を訪れる。
彼女たちの心配をよそに、精神的に立ち直る気配をまったく見せない宗太だったが、無邪気にはしゃぐ五歳の姪ジルの驚くべき秘密を知ることで、生活が一変する――。

人生は、やがて儚く消えてしまうもの。しかし、そこには、かけがえのない希望が満ちあふれている。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人生はアイスクリーム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この作家さんは、ライトノベルにとどまらない、ジャンルを超えた活躍ができる方だと思いました。 この作家さんは、ライトノベルにとどまらない、ジャンルを超えた活躍ができる方だと思いました。
    佐島楓@執筆中
    2016年04月17日
    37人がナイス!しています
  • 通り魔事件で妻子を喪った無気力な翻訳家の宗太。激ヤセし、療養監視のため姉と姪が米国より帰国。幼女の姪ジルには触れた相手の記憶や思い出を特異な能力で知ることができる。姪ジルの秘密を知り、そんな能力に悩む 通り魔事件で妻子を喪った無気力な翻訳家の宗太。激ヤセし、療養監視のため姉と姪が米国より帰国。幼女の姪ジルには触れた相手の記憶や思い出を特異な能力で知ることができる。姪ジルの秘密を知り、そんな能力に悩む姪を間近に見る宗太。最愛の家族を敢えて思い出さないように記憶に蓋をする宗太が、姪のおかげで苦しくも幸せな妻子の記憶を取り戻す。そう、苦しく辛くても幸せな経験が一つでもあるなら、その人は生きていけるのではないだろうか。ジルが年相応の普通の女の子としていろんな経験ができますように。 …続きを読む
    すみの
    2017年02月27日
    30人がナイス!しています
  • タイトルと表紙絵を思うと重くて暗い。各章は美味しそうなタイトルがついているけれどそういう感じでは無かった。私には宗太が何を言いたいのかあまり理解できなくて、ただひたすら言葉を捏ね繰り回しているようにし タイトルと表紙絵を思うと重くて暗い。各章は美味しそうなタイトルがついているけれどそういう感じでは無かった。私には宗太が何を言いたいのかあまり理解できなくて、ただひたすら言葉を捏ね繰り回しているようにしか感じることができない。でも宗太と同じような立場の人なら理解できるのかも。 …続きを読む
    メルル
    2016年04月25日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品