絶対城先輩の妖怪学講座 八

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048657495

絶対城先輩の妖怪学講座 八

  • 著者 峰守 ひろかず
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048657495

絶海の孤島を舞台に、妖怪博士・絶対城が古の謎を解き明かす!

絶海の孤島を舞台に、妖怪博士・絶対城が「ダイダラボッチ」の謎に迫る第八巻!

「のっぺらぼう」の力を持ち、真怪でもある妖怪学徒の桜城晃(さくらぎあきら)。彼女が四十四番資料室に持ち込んだ女神像は、「ダイダラボッチ」の謎に迫る手掛かりだった。
すぐさま御場島(おんばじま)と呼ばれる絶海の火山島へ向かうことを決める絶対城と晃。そんな二人のやりとりを見た礼音(あやね)は、女性として、そして絶対城のパートナーとして、晃には遠く及ばないと感じてしまう。
火山島へは一緒に行かないと宣言した礼音は、杵松(きねまつ)と一緒に織口(おりぐち)の「二口」の治療を行ったり、一人でオカルト絡みの相談を解決していく。
そんな中、島にいる絶対城との連絡が途絶え──。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「絶対城先輩の妖怪学講座 八」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 《購入》やっと読めたシリーズ8作目。今回はユーレイも織口先生も大活躍でいつも以上にハラハラドキドキ。それにして誤字脱字が多すぎ~ 《購入》やっと読めたシリーズ8作目。今回はユーレイも織口先生も大活躍でいつも以上にハラハラドキドキ。それにして誤字脱字が多すぎ~
    ゆみきーにゃ
    2016年07月07日
    62人がナイス!しています
  • 今回の妖怪は「ダイダラボッチ」。結末が良かったです。この方の発想は思いがけない感じなので毎回、どういう結論に至るのか楽しいです。珍しく、ユーレイ(礼音)が絶対城先輩に対して及び腰なのも新鮮でした。腹が 今回の妖怪は「ダイダラボッチ」。結末が良かったです。この方の発想は思いがけない感じなので毎回、どういう結論に至るのか楽しいです。珍しく、ユーレイ(礼音)が絶対城先輩に対して及び腰なのも新鮮でした。腹が据わったユーレイがまた格好いい!面白かったです。 …続きを読む
    フキノトウ
    2016年09月20日
    31人がナイス!しています
  • 妖怪譚というよりもSFに近い内容で、よくこんな内容を考えたものだと、感心することしきりでした。そして礼音ちゃんの底なしの強さにも改めて驚きました。絶対城先輩との関係も、イイ感じだし礼音ちゃん、怖いもの 妖怪譚というよりもSFに近い内容で、よくこんな内容を考えたものだと、感心することしきりでした。そして礼音ちゃんの底なしの強さにも改めて驚きました。絶対城先輩との関係も、イイ感じだし礼音ちゃん、怖いものなしですね。次回作も楽しみです。 …続きを読む
    たち
    2016年12月04日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品