「須磨明石」殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041033548

「須磨明石」殺人事件

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041033548

源氏物語の舞台になった風光明媚な地を襲う悲劇。そのとき浅見は――

大阪の新聞社に勤める新人記者・前田淳子が失踪。依頼を受け、神戸に飛んだ浅見光彦は、淳子と最後に会った女子大の後輩・崎上由香里と捜索を始める。明石原人を取材中だった淳子を付け狙う謎の男の正体は

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「須磨明石」殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 依然としてテレビで人気の「浅見光彦シリーズ」、神戸出身者として馴染みのある地名を読んでみました。懐かしい地名、そしてなるほど警察も及ばない名探偵「浅見光彦」、天晴れでした。 依然としてテレビで人気の「浅見光彦シリーズ」、神戸出身者として馴染みのある地名を読んでみました。懐かしい地名、そしてなるほど警察も及ばない名探偵「浅見光彦」、天晴れでした。
    のっち
    2018年11月16日
    10人がナイス!しています
  • 犠牲者が多く、動機も同情の余地なしだったので悲しい読後感だったが、短くまとまっていて楽しめた。地方の描写がやはり素晴らしい。 犠牲者が多く、動機も同情の余地なしだったので悲しい読後感だったが、短くまとまっていて楽しめた。地方の描写がやはり素晴らしい。
    ラッキー
    2016年10月28日
    7人がナイス!しています
  • 須磨明石の土地を存分に活かしたストーリー展開に多彩な登場人物。特にロープウェイの係員のおばあさんがいい。作者の人を観察する視点が多様でそれぞれの人物が実在しそう。犯行シーンを淡々と済まして、ヒロインと 須磨明石の土地を存分に活かしたストーリー展開に多彩な登場人物。特にロープウェイの係員のおばあさんがいい。作者の人を観察する視点が多様でそれぞれの人物が実在しそう。犯行シーンを淡々と済まして、ヒロインとお別れをして、ちゃんちゃんっていうおきまりのエンディングの感じも気持ちいい。まだ内田康夫3作目だから先は長いな。 …続きを読む
    こばやし
    2019年07月27日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品