角川選書

エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命

芸術のルールを根本から変えた過激な画家。マネを起点に描く西洋絵画史

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
324
ISBN:
9784047035812
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川選書

エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命

芸術のルールを根本から変えた過激な画家。マネを起点に描く西洋絵画史

  • 著者 三浦 篤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
324
ISBN:
9784047035812

芸術のルールを根本から変えた過激な画家。マネを起点に描く西洋絵画史

印象派より危険で、ピカソより前衛的──。
マネを起点に描き出す新たな西洋絵画史。

印象派が産声をあげる直前の19 世紀パリ。画家マネのスキャンダラスな作品は官展落選の常連であったが、伝統絵画のイメージを自由に再構成するその手法こそ、デュシャン、ピカソ、ウォーホルら現代アートにも引き継がれてゆく絵画史の革命だった。模倣と借用によって創造し、古典と前衛の対立を超えてしまう過激な画家は、芸術のルールをいかに変えたのか。謎めいた絵画作品の魅力と、21世紀へと続くその影響力に迫る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 絵画史のパラダイムシフトとしての「エドゥアール・マネを中心に据えた西洋絵画史」という野心的な試み。マネ以前の絵画史はマネの作品の中に集約され、マネ以降の絵画史はマネの作品の切り開いた圏域の中にある、と 絵画史のパラダイムシフトとしての「エドゥアール・マネを中心に据えた西洋絵画史」という野心的な試み。マネ以前の絵画史はマネの作品の中に集約され、マネ以降の絵画史はマネの作品の切り開いた圏域の中にある、として近代絵画史におけるマネの影響力の大きさが説明される。当時の主流だった絵画様式や時代背景についても詳しいためマネの作品の革新性がとてもわかりやすい。 本書全体は三部に分けられており、それぞれにおいてマネと「過去」、「現在」、「未来」との関わりが解説されている。構成や文章がとても巧みな、とにかく素晴らしい本。 …続きを読む
    2019年02月22日
    15人がナイス!しています
  • 19世紀パリに生まれたマネについて、古代から現代までに至る美術史の中で、どう位置付けされているかを本書では論じている。同時代の印象派に影響を与えたとよく言われているが、むしろその後に続くセザンヌやピカ 19世紀パリに生まれたマネについて、古代から現代までに至る美術史の中で、どう位置付けされているかを本書では論じている。同時代の印象派に影響を与えたとよく言われているが、むしろその後に続くセザンヌやピカソ、現代アーティストにまで幅広い影響を及ぼしていることに驚きを覚えた。わかるようでわからない画家だったが、ダヴィンチ以降で、最も重要な画家の一人であり、革命家だったことを認識させられた。 …続きを読む
    yuya
    2019年02月23日
    14人がナイス!しています
  • マネの革新性については非常に説得力があり、その刺激的な魅力を味わった。日本において、もう少し知名度が上がってくれればと思う。 マネの革新性については非常に説得力があり、その刺激的な魅力を味わった。日本において、もう少し知名度が上がってくれればと思う。
    umeko
    2018年11月15日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品