ハーメルンの誘拐魔

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041032091

ハーメルンの誘拐魔

  • 著者 中山 七里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041032091

刑事犬養隼人シリーズ、最新作!

病院からの帰り道、母親が目を離した隙に15歳の少女・香苗が消えた。現場には中世の伝承「ハーメルンの笛吹き男」の絵葉書が残されていた。警視庁捜査一課の犬養隼人が捜査に乗り出し、香苗が子宮頚がんワクチン接種の副作用によって記憶障害に陥っていたことが判明する。数日後、今度は女子高生・亜美が下校途中に行方不明になり、彼女の携帯電話と共に「笛吹き男」の絵葉書が発見された。亜美の父親は子宮頚がんワクチン勧奨団体の会長だった。ワクチンに関わる被害者と加害者家族がそれぞれ行方不明に。犯人像とその狙いが掴めないなか、さらに第三の事件が発生。ワクチン被害を国に訴えるために集まった少女5人が、マイクロバスごと消えてしまったのだ。その直後、捜査本部に届いた「笛吹き男」からの声明は、一人10億、合計70億円の身代金の要求だった…。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ハーメルンの誘拐魔」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ひどく現代的なテーマを扱った警察小説である。 現代に潜む 危険の数々....普段はあまり 意識しない薬害の危険を世に問う.. ミステリーというより濃厚な人間ドラマに 近い。ハーメルンの童話を絡ませなが ひどく現代的なテーマを扱った警察小説である。 現代に潜む 危険の数々....普段はあまり 意識しない薬害の危険を世に問う.. ミステリーというより濃厚な人間ドラマに 近い。ハーメルンの童話を絡ませながら、 闘う人々と 真実を求める犬養刑事たちとの せめぎ合い..最後は落ち着くべきところに 落ち着いた物語だった。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2016年06月12日
    589人がナイス!しています
  • 真犯人は意外だったが、犬養がどうやってそれを見破れたのかよくわからなかった。タイトルは「ハーメルンの笛吹き男」としておいた方が良くないだろうか。散々騒いだのに全員軽犯罪法違反にしかならないとはびっくり 真犯人は意外だったが、犬養がどうやってそれを見破れたのかよくわからなかった。タイトルは「ハーメルンの笛吹き男」としておいた方が良くないだろうか。散々騒いだのに全員軽犯罪法違反にしかならないとはびっくり。 …続きを読む
    takaC
    2016年11月12日
    382人がナイス!しています
  • 相変わらずの面白さ。状況から考えて犯人の見当はついていたが、何故かというところと、どこで犬養が気付くか、にハラハラした。小説としての面白さもあるが、子宮頚がんワクチンの恐ろしさと、官僚と企業の癒着への 相変わらずの面白さ。状況から考えて犯人の見当はついていたが、何故かというところと、どこで犬養が気付くか、にハラハラした。小説としての面白さもあるが、子宮頚がんワクチンの恐ろしさと、官僚と企業の癒着への怒りを感じる作品になった。医師全般と一括りにせず、小椋医師や村本医師のような善意の人もいるところが救いだ。大阪と東京の警察に対する考え方の違いが面白かった。 …続きを読む
    冴子
    2017年03月25日
    377人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品