新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041031872
label

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち

  • 著者 角野 栄子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2015年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041031872

新装版にて登場! 大人気シリーズ、完結編!

キキととんぼさんが結婚して15年。13歳になって旅立ちのときをむかえる双子の姉弟と、キキをはじめおなじみのコリコの町の人たちの新たな旅立ちが、さわやかに描かれる。大人気シリーズついに完結! キキととんぼさんが結婚して15年。13歳になって旅立ちのときをむかえる双子の姉弟と、キキをはじめおなじみのコリコの町の人たちの新たな旅立ちが、さわやかに描かれる。大人気シリーズついに完結!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち が含まれている特集

メディアミックス情報

映画『魔女の宅急便』特報


プロモーションムービー

『魔女の宅急便』全6巻発売中CM

「新装版 魔女の宅急便 (6)それぞれの旅立ち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前回から10年以上。キキ&トンボは結婚し、魔女の血を引き、同じような名前のニニとトトという、双子の姉弟を授かる。家族で幸せに暮らし、ニニ・トトも11歳となり、『魔女の子』としての「人生の選択」を迫られるの 前回から10年以上。キキ&トンボは結婚し、魔女の血を引き、同じような名前のニニとトトという、双子の姉弟を授かる。家族で幸せに暮らし、ニニ・トトも11歳となり、『魔女の子』としての「人生の選択」を迫られるのだが…実は…『魔女』を目指しているのは…ニニではなく…トトな訳で…。そして、2年をかけ、姉弟は更に成長し、母の13歳の時と、同じ時間を迎える。実は…あんなに恋愛話では、ドキドキさせたくせに、キキ&トンボの『プロポーズ』や『新婚風景』が拝めないのだ。まあ、『恋愛話』ではなく、 …続きを読む
    ykmmr (^_^)
    2022年10月15日
    144人がナイス!しています
  • キキととんぼが結婚して13年。二人はなんと双子の親になっていました。娘のニニと息子のトト。ニニはキキに似てとてもお転婆。逆にトトは静かな性格。11歳になっても魔女になるか決められないニニ。男だから魔女にな キキととんぼが結婚して13年。二人はなんと双子の親になっていました。娘のニニと息子のトト。ニニはキキに似てとてもお転婆。逆にトトは静かな性格。11歳になっても魔女になるか決められないニニ。男だから魔女になれないと悩むトト。様々な経験を積んで13歳になった二人が決めた道とは?キキが立派な母になった姿とまるで13歳のキキを見ているかのようなニニの姿の対比が楽しかったです。そして一番のビックリはキキがまだあれを作り続けていたこと(笑)映画の続きにも素敵なストーリーが待っててくれました。【シリーズ6作目・最終巻】 …続きを読む
    ありす
    2020年04月05日
    43人がナイス!しています
  • 最後の一冊。結婚して、今度は子供の巣立ちを見守る立場になったキキ。13歳でたった一人、コリコの町にやってきてからのキキをずっと読んできたので、とても感慨深かった。私自身がそうなのですが親になってみて初め 最後の一冊。結婚して、今度は子供の巣立ちを見守る立場になったキキ。13歳でたった一人、コリコの町にやってきてからのキキをずっと読んできたので、とても感慨深かった。私自身がそうなのですが親になってみて初めて、母の気持ちに近付けたような気がしています。キキのそんな様子もたっぷり描かれています。そして、ヨモギさんも登場!終わってしまったのは寂しいけど、番外編もあるようなので、いつかそちらも読んでみたいです。 …続きを読む
    sui
    2017年07月25日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:角野 栄子(かどの・えいこ)

角野 栄子(かどの・えいこ)

東京深川生まれ。児童文学作家。『魔女の宅急便』『ラストラン』など、数多くの作品を生み出してきた。サンケイ児童出版文化賞、路傍の石文学賞、旺文社児童文学賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞など受賞多数。紫綬褒章に続き、2014年旭日小綬章受賞。

この著者の商品

最近チェックした商品