ブッダ伝 生涯と思想

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044089146

関連作品有り

ブッダ伝 生涯と思想

  • 著者 中村 元
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044089146

人間ブッダの姿と思想、原始仏典の世界を平明に伝えるブッダ入門の決定版!

煩悩を滅する道をみずから歩み、人々に教え諭したブッダ。出家、悟り、初の説法など生涯の画期となった出来事をたどり、人はいかに生きるべきかを深い慈悲とともに説いたブッダの心を、忠実、平易に伝える。

メディアミックス情報

NEWS

「ブッダ伝 生涯と思想」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『スッタニパータ』や『ダンマパダ』、『サンユッタ・ニカーヤ』、『涅槃経』等を手掛かりに、仏陀の一生や原始仏教の教義を説いた一冊。初心者向けで復習の意味も兼ねて読んだのだが、それでも『スッタニパータ』の 『スッタニパータ』や『ダンマパダ』、『サンユッタ・ニカーヤ』、『涅槃経』等を手掛かりに、仏陀の一生や原始仏教の教義を説いた一冊。初心者向けで復習の意味も兼ねて読んだのだが、それでも『スッタニパータ』の滋味溢れる文章を読んでいると、なんとなく胸の奥に熱いものがこみ上げてくるな。原始仏典からの引用が多くそれを丁寧に注釈している為、これから仏教を学ぼうと考えている人は面白く読めるのではないかと思う。もちろん触れた事のある人も興味深く読める。「一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ。」 …続きを読む
    HANA
    2015年08月24日
    65人がナイス!しています
  • ブッダの生涯と仏教の成立。生まれ、発心し、家を出で、苦を知り、悟り、説き、滅す。初期仏典と根本思想を交え、「人間」ブッダと歩く。支配階級のバラモンの権威がほころび、六師外道と呼ばれる思想が数多く花開い ブッダの生涯と仏教の成立。生まれ、発心し、家を出で、苦を知り、悟り、説き、滅す。初期仏典と根本思想を交え、「人間」ブッダと歩く。支配階級のバラモンの権威がほころび、六師外道と呼ばれる思想が数多く花開いた二千数百年前のインドに現れ、まず自らをほどき、同志に説き、弟子に語り、請われれば教え、教団に伝わった。言葉は詩となり、文字となり、経になった。優秀な弟子や、支援者となる王や資本家が生まれていた時代に布教し得た事が、のちの宗教となる縁起。悟れば苦しみから逃れられるが、一方で寂しい気もする。だから寂滅か。 …続きを読む
    姉勤
    2017年03月22日
    39人がナイス!しています
  • 仏教は科学であるという言葉がある。この一冊はそうしたことをよく伝えている。つけたすなら、経典は小説であるとも言えるか。この本を読めば、経典とはブッダの生涯を描き切った小説だと納得できるだろう。その小説 仏教は科学であるという言葉がある。この一冊はそうしたことをよく伝えている。つけたすなら、経典は小説であるとも言えるか。この本を読めば、経典とはブッダの生涯を描き切った小説だと納得できるだろう。その小説の中でブッダは様々な人に会い、いろいろなことを言う。それが哲学であり、思索による真理探究の仕方であったり、仏道の勧めであることが見えてくる。中村元の文章は柔らかくわかりやすいのだが、同じ内容が繰り返される部分が多いので、しつこいと感じる読者もあるだろう。しかし仏教の思想を知るには良い一冊なことは間違いない。 …続きを読む
    イプシロン
    2016年07月23日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品