水木しげるの古代出雲

水木しげるの古代出雲 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年06月20日
商品形態:
電子書籍

水木しげるの古代出雲

  • 著者 水木 しげる
発売日:
2015年06月20日
商品形態:
電子書籍

水木しげるが迫る、出雲神話に隠された壮大なる謎!

鳥取県境港に育った水木しげるは幼いころ島根半島によく出かけていった。夢に現れた出雲族の青年の言葉に導かれ、隠岐に水木しげるのルーツを辿り、壮大な出雲神話に隠された謎に肉迫してゆく。水木版・古代出雲史!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「水木しげるの古代出雲」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本編は単行本出版時に読んだので、文庫版付録の『水木しげるの古代出雲 番外編』と『妖怪人類学フィールドワーク 美保関』のみ読む。番外編は島根探訪記漫画。大和朝廷が出来る前はオオクニヌシが日本国王だったと 本編は単行本出版時に読んだので、文庫版付録の『水木しげるの古代出雲 番外編』と『妖怪人類学フィールドワーク 美保関』のみ読む。番外編は島根探訪記漫画。大和朝廷が出来る前はオオクニヌシが日本国王だったと夢想する。フィールドワークは2008年のもの。まだ元気だった頃の水木しげるが良い。旅行中、同行の京極夏彦に「屁が出るわけですが、よろしく」と言って放屁する水木さん(笑)。フィールドワークのイラストも、式典の最中に京極夏彦の前で屁をこいた絵(笑)。水木しげるの屁は、くだらないが鉄板である。 …続きを読む
    寺・ジ・エンド
    2016年01月11日
    65人がナイス!しています
  • 眠れないのでいっちょうレビューでも書くかと思い、選んだのがこの本だということに特に意味はない。古代出雲の国譲り神話について、水木氏の推察も交えて漫画で描かれている。自然を崇め自然から糧を得てきた古代の 眠れないのでいっちょうレビューでも書くかと思い、選んだのがこの本だということに特に意味はない。古代出雲の国譲り神話について、水木氏の推察も交えて漫画で描かれている。自然を崇め自然から糧を得てきた古代の人々が自然の事象を神の行ないと敬い、それぞれに神の名を冠し物語として伝えたであろうことは想像に難くない。そこへ稲作や製鉄などの優れた技術を持った集団が渡来し、変わりゆく国と民族のなりたちを正義正当なものとして概ね真実をベースに神話が創られたのだと思う。眠れない時に書いたらつい普通のレビューになってしまった。 …続きを読む
    おにぎりの具が鮑でゴメンナサイ
    2017年04月10日
    42人がナイス!しています
  • 滅ぼした出雲を祀る出雲社をあつく敬う。日本はつくづく畏れと敬いの同居した心を抱く人たちの集まりなのですねえ。大国主の祖を須佐之男命に求めて、天照大神との関係を保たせる。それは併合したことを隠すとともに 滅ぼした出雲を祀る出雲社をあつく敬う。日本はつくづく畏れと敬いの同居した心を抱く人たちの集まりなのですねえ。大国主の祖を須佐之男命に求めて、天照大神との関係を保たせる。それは併合したことを隠すとともに後々までも敬うことにもなります。畏れる者を敬い、その存在を尊ぶ。この寛容と狭量が不思議に同居することはこの後、天照大神の末裔である天皇家が仏教を取り入れることにもつながるのでしょう。もしかしたら今でも世は固まっていないのではないでしょうか?伊邪那美と伊邪那岐が天橋立から矛で海を練っているのかもしれませんねえ。 …続きを読む
    Kei Kikuchi
    2019年03月20日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品