ノンフィクション作家だってお化けは怖い

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041030271
ニコカド祭り2020

ノンフィクション作家だってお化けは怖い

  • 著者 工藤 美代子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041030271

お化けさんと共存するノンフィクショの日常をつづる、怪談実話エッセイ

ノンフィクション作家である著者には、日常的に霊や不思議なものが視えてしまう。雑踏を匍匐前進する青年兵、生首の髪を切る美容室、深夜に階段を上がる衣擦れの音…じんわり怖くて、味わい深い怪談実話エッセイ第2

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ノンフィクション作家だってお化けは怖い」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 雑踏の歩道の上を匍匐前進する青年。深夜に階段を上ってくる着物の衣擦れの音。生首の髪の毛を切っている美容院。著者は、霊や不思議なものが視えてしまうそうです。怖く書こうと思えばいくらでも怖くかける状況を、 雑踏の歩道の上を匍匐前進する青年。深夜に階段を上ってくる着物の衣擦れの音。生首の髪の毛を切っている美容院。著者は、霊や不思議なものが視えてしまうそうです。怖く書こうと思えばいくらでも怖くかける状況を、日常の暮らしの一部のようにさらっと書いたエッセイです。でも、そのさらっと書いた内容を想像すると、じわーと怖さが背骨を這い上がってきます。なかなかに怖いエッセイです。著者はそんな怪異をさらっと受け入れているようで、恐がりな私から見ればそんな怪異を受け入れた暮らしに驚愕、驚嘆するしかないのです。 …続きを読む
    ぶち
    2020年06月22日
    103人がナイス!しています
  • 「眼を合わせてはいけない人たち」が怖い。工藤さんはとても鋭い霊感があるのだと思うが、その怪異を怪異だととっさには思わない(何ヵ月続いても思わない)という部分の鈍感さが、私にそっくりだと共感できた❗きっ 「眼を合わせてはいけない人たち」が怖い。工藤さんはとても鋭い霊感があるのだと思うが、その怪異を怪異だととっさには思わない(何ヵ月続いても思わない)という部分の鈍感さが、私にそっくりだと共感できた❗きっと私が同じ部屋を借りても何も見えないんだろうけれど。実際に仕事場の机と窓の写真が載っていて怖い。そういう人たちは、ずっとそこにいるのか、真っ昼間に太陽のもとに出てくるのか、それとも窓ガラス越しというところに秘密があるのか…など不思議。迂闊な私だが「顔に何か不快な表情が浮かんでいる人は極力避けて見ない」ように。 …続きを読む
    ででんでん
    2018年09月01日
    79人がナイス!しています
  • 今回も作者が選りすぐった話が多い。特に「真夏に起きた不思議な話」と「眼を合わせてはいけない人たち」が面白かった。 今回も作者が選りすぐった話が多い。特に「真夏に起きた不思議な話」と「眼を合わせてはいけない人たち」が面白かった。
    神城冥†
    2017年09月12日
    62人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品