新訳 から騒ぎ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年07月25日
商品形態:
電子書籍

新訳 から騒ぎ

  • 著者 シェイクスピア
  • 訳者 河合 祥一郎
発売日:
2015年07月25日
商品形態:
電子書籍

恋に不器用な男女の恋物語――シェイクスピア中期の代表喜劇。

ドン・ペドロは友人クローディオが持つヒアローへの恋心を知り、策を練って二人を婚約させるのに成功した。続けて独身至上主義のベネディックとビアトリスもくっつけようとするが、思わぬ横やりが入ってしまう……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新訳 から騒ぎ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2014年発行の新訳。 2組の男女の恋愛と誤解が織りなす喜劇。 初めふらふらしてそうなベネディックがいざとなったら勇気を示したり、娘ヒアローの名誉のため決闘を申込むレオナートに意外な嬉しい驚き。 それ 2014年発行の新訳。 2組の男女の恋愛と誤解が織りなす喜劇。 初めふらふらしてそうなベネディックがいざとなったら勇気を示したり、娘ヒアローの名誉のため決闘を申込むレオナートに意外な嬉しい驚き。 それに比べてクローディオ。。 解説にフォローがあったが、、クローディオの苦悩を伝えるには役者さんの力量が問われそう。 ビアトリスの闊達なセリフ、ベネディックとの掛け合いもあってか、全体的には明るい雰囲気で楽しめた。タイトルもいいなあ。 …続きを読む
    くみ
    2017年06月25日
    7人がナイス!しています
  • 頭空っぽの悪党がしかけた悪事に心が空っぽになる主要人物。ビアトリスとベネディックの恋模様以外は起こらなくてもよかった騒動、たしかに「から騒ぎ」ですね。作中に韻やダジャレが効いていて翻訳した人センス良す 頭空っぽの悪党がしかけた悪事に心が空っぽになる主要人物。ビアトリスとベネディックの恋模様以外は起こらなくてもよかった騒動、たしかに「から騒ぎ」ですね。作中に韻やダジャレが効いていて翻訳した人センス良すぎです。 …続きを読む
    まこ
    2016年02月01日
    5人がナイス!しています
  • 大変神経を使い、工夫をこらして言葉遊びを訳出していた。注釈も親切でありがたかった。しかしやはり話が複雑で、人物もそれぞれに兄弟親戚従者がいたりと込み入っている。本書→映画→原点+確認テストみたいなのを 大変神経を使い、工夫をこらして言葉遊びを訳出していた。注釈も親切でありがたかった。しかしやはり話が複雑で、人物もそれぞれに兄弟親戚従者がいたりと込み入っている。本書→映画→原点+確認テストみたいなのを見てやっと大筋が終えたかどうかという感じである。腑に落ちない部分もいろいろあるが、ベアトリスとベネディックが溌剌としている。「過去になにかあったらしい」のも現実味があるし、「後半で突然全面的に愛し合わず、毒舌を保っている」のもベネディックの後半の潔さも好印象。 …続きを読む
    erie
    2018年08月14日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品