吉良忠臣蔵 上 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年03月25日
商品形態:
電子書籍

吉良忠臣蔵 上

  • 著者 森村 誠一
発売日:
2015年03月25日
商品形態:
電子書籍

権謀術数渦巻く権力闘争を圧倒的迫力で描ききった、時代小説の白眉。

「浅野内匠頭、吉良上野介に刃傷」の報は、青天の霹靂のような衝撃となって江戸城を駆け抜けた。しかし、実態の江戸城中・松の廊下の刃傷事件の背後には、冷酷無比な罠が張り巡らされており――。

メディアミックス情報

NEWS

「吉良忠臣蔵 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 忠臣蔵にはずっと不満があった。吉良上野介の悪役に疑問があるからだ。意地悪をしたのは悪い。しかし殿中で切られ、最後は殺害され首までとられた。被害者と言える。その後の世論はずっと赤穂浪士の味方だ。本当の悪 忠臣蔵にはずっと不満があった。吉良上野介の悪役に疑問があるからだ。意地悪をしたのは悪い。しかし殿中で切られ、最後は殺害され首までとられた。被害者と言える。その後の世論はずっと赤穂浪士の味方だ。本当の悪ははたして誰だったのか。吉良の視点から描く忠臣蔵があってもいい。 …続きを読む
    ちゃま坊
    2021年03月02日
    16人がナイス!しています
  • 吉良側が悪玉ではなく、どちらも犠牲者なのだ。松の廊下の刃傷は、柳沢吉保と将軍綱吉によって仕組まれた謀略。上杉・浅野という大藩粛清のエサでしかない、殖産で自藩を潤した内匠頭と名君だった上野介がぶつかり合 吉良側が悪玉ではなく、どちらも犠牲者なのだ。松の廊下の刃傷は、柳沢吉保と将軍綱吉によって仕組まれた謀略。上杉・浅野という大藩粛清のエサでしかない、殖産で自藩を潤した内匠頭と名君だった上野介がぶつかり合い、関係のない臣下達が集団的自衛権のごとく傷つけあう。権力の恐ろしさと運命に翻弄されるところが読みどころ。でも、大石内蔵助の祇園での佯狂ぶりが具体的過ぎて少し引いちゃいます。 …続きを読む
    たくのみ
    2015年06月07日
    9人がナイス!しています
  • 電子書籍 森村作品はホントお久 ご存知忠臣蔵 浅野側から書かれた話は有名だが こちらは吉良を善玉として捉えてる 塩の製法を吉良に教えなかった 朝賀使の吉良に饗応役の浅野が礼を尽くさなかったとか 柳沢吉 電子書籍 森村作品はホントお久 ご存知忠臣蔵 浅野側から書かれた話は有名だが こちらは吉良を善玉として捉えてる 塩の製法を吉良に教えなかった 朝賀使の吉良に饗応役の浅野が礼を尽くさなかったとか 柳沢吉保が仕掛けた罠が効果的 そして起こるべくして起きた松の廊下の刃傷 その後の裁きは 浅野には切腹にお家断絶 吉良は無罪放免って この差は何なのか 吉良は上杉家に通じてたんだね 当然大石内蔵助をはじめとする家臣たちは黙っていない 柳沢も家臣たちの動向は気がかり でも家臣たちも一枚岩ではなく 今後の展開が楽しみ  …続きを読む
    エイキチ
    2019年08月17日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品