吉良忠臣蔵 下

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041029282

吉良忠臣蔵 下

  • 著者 森村 誠一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041029282

吉良方からの視点から再構成された、感涙必至の一大歴史絵巻。

主君への忠義に殉ずる、吉良上野介家臣団。浅野方と対峙するその一人ひとりにも、胸に期する想いがあった。力と力、頭脳と頭脳の駆け引きが繰り広げられ、いよいよ対決の日が迫る――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「吉良忠臣蔵 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 勧善懲悪の忠臣蔵も好きだけど、この吉良忠臣蔵はフィクションではあるけど、こっちの方が説得力があるなぁf(^_^;争い事には双方の言い分があるし、人の性格なんて、一言では表せないもんね。登場人物それぞれ 勧善懲悪の忠臣蔵も好きだけど、この吉良忠臣蔵はフィクションではあるけど、こっちの方が説得力があるなぁf(^_^;争い事には双方の言い分があるし、人の性格なんて、一言では表せないもんね。登場人物それぞれの考え、生き方が良い(* ̄ー ̄) …続きを読む
    Kanazawa Dai
    2015年05月27日
    37人がナイス!しています
  • 逆恨みされ、斬られたうえに、世論は一方的に赤穂びいきに。 家臣の奮闘むなしく、夜中に不意打ちをされ、追い詰められても、上野介は気丈に「家臣がわしを守っているのに逃げ出すわけにはいかない」と見栄を張る。 逆恨みされ、斬られたうえに、世論は一方的に赤穂びいきに。 家臣の奮闘むなしく、夜中に不意打ちをされ、追い詰められても、上野介は気丈に「家臣がわしを守っているのに逃げ出すわけにはいかない」と見栄を張る。ようやく、権力内での柳沢吉保、間部詮房、新井白石の相互牽制で決着し、吉良家とり潰し、上杉は安堵。真っ白に燃え尽きた色部又四郎のみが、かろうじて勝者と言えるのか。現代の意識で迫る忠臣蔵の再検証。吉良家の一人一人に光を当てた演出は、20年前にはかなり刺激的だったに違いない。 …続きを読む
    たくのみ
    2015年06月08日
    9人がナイス!しています
  • もっと歴史の裏側を見たくなりました。 もっと歴史の裏側を見たくなりました。
    miyatatsu
    2018年07月06日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品