ようするに、怪異ではない。 ある夏の日のがらんどん

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041029305

ようするに、怪異ではない。 ある夏の日のがらんどん

  • 著者 皆藤 黒助
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041029305

海釣りに夏合宿と、夏のイベント大忙し!謎解き増量の正統派青春ミステリ!

季節は夏、妖怪を求めて今日も元気なハル先輩と振り回される皆人。海で拾った小瓶から謎の恋文を見つけ、皆で推理を始めるが、手紙に秘められた意外な真実が明らかになり。前代未聞の妖怪不在証明ミステリ、第2弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

ようするに、怪異ではない。 あらすじ動画


「ようするに、怪異ではない。 ある夏の日のがらんどん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第2弾。1〜3話は、まあトリックというほどでもなく、相変わらず皆人くんの扱いが気の毒。なんだかんだで楽しそうな鳥取での青春。4話で、幼い頃の記憶が甦り、もはや妖怪のお導きとしか思えないつながりが明らか 第2弾。1〜3話は、まあトリックというほどでもなく、相変わらず皆人くんの扱いが気の毒。なんだかんだで楽しそうな鳥取での青春。4話で、幼い頃の記憶が甦り、もはや妖怪のお導きとしか思えないつながりが明らかになる。知らない妖怪がたくさん出てきて(いや出てこないんだけども)さくさくと面白く読めた。 …続きを読む
    mocha
    2016年07月04日
    94人がナイス!しています
  • シリーズ2巻で、私にとってのラスト。この巻が一番楽しめた。高校生らしいエピソードで内容もライトで青春していた。冬目君のうっとうしさもなりを潜めていて、いい感じ。そして、最後の表題作。これを最後に読めて シリーズ2巻で、私にとってのラスト。この巻が一番楽しめた。高校生らしいエピソードで内容もライトで青春していた。冬目君のうっとうしさもなりを潜めていて、いい感じ。そして、最後の表題作。これを最後に読めて、すごくスッキリと読み終われました。2人の出会いの必然があの夏の日にあったんですね。じーさんの『わからない』にもきっと意味があったんだと思います。うん、これを最後にして良かった。 …続きを読む
    papako
    2019年09月04日
    68人がナイス!しています
  • やってくれましたねぇ。4編中3編が軽い話だっただけに、最後の「がらんどん」で、まさにミステリと青春小説の、両方の醍醐味を味わわせてくれました。第1弾に比べても、レベルが上がった感じですね。しかも楽に読 やってくれましたねぇ。4編中3編が軽い話だっただけに、最後の「がらんどん」で、まさにミステリと青春小説の、両方の醍醐味を味わわせてくれました。第1弾に比べても、レベルが上がった感じですね。しかも楽に読めます。これはやはり文章がうまいからですよね。ところで「あの」仕掛けが成り立つとすれば、ひょっとして、最初から……!? …続きを読む
    へくとぱすかる
    2016年01月07日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品