藤原定家●謎合秘帖 華やかなる弔歌

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041024904

藤原定家●謎合秘帖 華やかなる弔歌

  • 著者 篠 綾子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041024904

新古今和歌集編を勅撰する当代六歌仙への挑戦状。定家は謎解きに挑む!

後鳥羽上皇から勅撰和歌集の撰者に任命された定家。しかし歌神と名乗る者から和歌所を閉鎖せよと脅迫文が届く。次々舞い込む弔歌と相次ぐ歌人の死に関連はあるのか。定家は長覚の力を借りて謎解きに挑む――

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「藤原定家●謎合秘帖 華やかなる弔歌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 歌神からの挑戦状が届くというところからつかまれました。六歌仙を殺していくというのは後鳥羽上皇へのものだったのか、六歌仙とは誰なのか、歌神の正体は。謎が謎を呼ぶのにのめり込みました。歌人が相次いで亡くな 歌神からの挑戦状が届くというところからつかまれました。六歌仙を殺していくというのは後鳥羽上皇へのものだったのか、六歌仙とは誰なのか、歌神の正体は。謎が謎を呼ぶのにのめり込みました。歌人が相次いで亡くなるのは呪いなのかもしれないと思います。華やかな時代の事件簿というのが好みでした。 …続きを読む
    優希
    2020年12月11日
    53人がナイス!しています
  • 藤原定家が主人公ということで…。新勅撰和歌集の編纂に忙しい和歌所に、和歌所を閉じなければ当代六歌仙を殺すという脅迫文が舞い込んだことから始まるミステリーは、良経様や慈円様、俊成卿女、源通親、もちろん後 藤原定家が主人公ということで…。新勅撰和歌集の編纂に忙しい和歌所に、和歌所を閉じなければ当代六歌仙を殺すという脅迫文が舞い込んだことから始まるミステリーは、良経様や慈円様、俊成卿女、源通親、もちろん後鳥羽院と新古今時代の名だたる歌人、公人が登場するので大変華やか(私的に)。当代六歌仙とは誰なのかも気を持たせて、定家と頭を悩ませてしまいました。謎解きは当時の政情を上手く絡めていると思うのですが、そのために明瞭さを欠くことになっていて残念な部分も。ただ良経様や慈円様がたくさん登場くださっていたので満足です。 …続きを読む
    syaori
    2017年03月06日
    39人がナイス!しています
  • 「謎合秘帖」第二作目。前作の『幻の神器』の謎が“古今伝授”で、今一つしっくりこない結末だったので期待せずに読んだんですが、こちらはかなり面白かったです。主人公の定家が地味なのは、実際そうだったのかな? 「謎合秘帖」第二作目。前作の『幻の神器』の謎が“古今伝授”で、今一つしっくりこない結末だったので期待せずに読んだんですが、こちらはかなり面白かったです。主人公の定家が地味なのは、実際そうだったのかな?と思うし。今回の謎は六歌仙に纏わるもの。この時代の新六歌仙って誰に準えるのかな?と自分で想像するのも楽しかったし。定家が誰も自分を業平に擬してくれない…なんて不満に思うのも笑えたし(o^O^o)。最後の謎解きはこの時代ならではのどろどろ!納得でした。この時代、才能ある女房歌人が排出、“下燃えの少将”→(続く) …続きを読む
    kagetrasama-aoi(葵・橘)
    2020年12月14日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品