確信犯 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年09月25日
商品形態:
電子書籍

確信犯

  • 著者 大門 剛明
発売日:
2014年09月25日
商品形態:
電子書籍

司法制度の闇を抉る! 横溝賞作家による本格社会派ミステリー!!

かつて広島で起きた殺人事件の裁判で、被告人は真犯人であったにもかかわらず、無罪を勝ち取った。13年後、当時の裁判長が殺害され、事態は再び動き出す。事件の関係者たちが辿りつく衝撃の真実とは!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「確信犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大門剛明さん初読み。ある無罪判決に端を発した連続殺人事件…しっかり描かれた人物たちで二転三転する展開にしてあって「誰が嘘を吐いているんだー?」と全く飽きずに読ませてくれた。特に「え!この人を⁉」と重要 大門剛明さん初読み。ある無罪判決に端を発した連続殺人事件…しっかり描かれた人物たちで二転三転する展開にしてあって「誰が嘘を吐いているんだー?」と全く飽きずに読ませてくれた。特に「え!この人を⁉」と重要人物を途中退場させてビックリ!ある種の潔ささえ感じた。司法制度の問題点を単なるテーマに留めず、事件の根底に運用している点も巧い!変節する男の心情に若干の粗さ感じたが、広島球場を効果的に使いつつ、社会性満点の物語を構築していて、エンタメ&シリアスを両立させているのが見事。他作品も読みたい作家に出逢えて嬉しい👍 …続きを読む
    しんたろー
    2019年04月18日
    175人がナイス!しています
  • 確信犯。自らの行いを正しいと信じて行われる犯罪。14年前の殺人事件で無罪判決を受けた被告は実は真犯人だった。当時その裁判に関わった者が一人また一人と殺されていく。犯人は確信犯=当時の裁判で犯人はこいつ 確信犯。自らの行いを正しいと信じて行われる犯罪。14年前の殺人事件で無罪判決を受けた被告は実は真犯人だった。当時その裁判に関わった者が一人また一人と殺されていく。犯人は確信犯=当時の裁判で犯人はこいつだと叫んだ被害者の息子なのか。誤審をした判事も、一人は司法試験予備校の人気講師から政界進出を狙い、一人は法テラスの弁護士に。それぞれの立場から司法制度改革や司法の問題点を重厚に描き、ミステリとしても、一捻りも二捻りもある先の読めない展開に翻弄される。確かに面白いが、濃度が濃すぎてちょっぴり疲れたかもしれない。 …続きを読む
    あも
    2019年08月14日
    94人がナイス!しています
  • 司法試験に合格するのは難しい。法科大学院を作ったことは弁護士の粗製乱造であり、裁判員裁判制度にも問題ありと密に思っている。この本を丁度手にしたのがこの3月。法曹界のエリートなど実際にお目にかかれない。 司法試験に合格するのは難しい。法科大学院を作ったことは弁護士の粗製乱造であり、裁判員裁判制度にも問題ありと密に思っている。この本を丁度手にしたのがこの3月。法曹界のエリートなど実際にお目にかかれない。ただ弁護士になった娘の友や爺様の友人を見ていて余り素晴らしい仕事とは思えなくなってしまったが。誤審で真犯人を無罪にしてしまった裁判官達。今でもよくある冤罪。「人が人を裁く」ことがどんなに大変な事か。最後にきて「一番の確信犯はあんたやったの??」と …続きを読む
    はつばあば
    2019年03月25日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品