角川文庫

送り人の娘

戦う少女が世界を変える、古代が舞台の成長ファンタジー決定版!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041020647
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

送り人の娘

戦う少女が世界を変える、古代が舞台の成長ファンタジー決定版!

  • 著者 廣嶋 玲子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041020647

戦う少女が世界を変える、古代が舞台の成長ファンタジー決定版!

「送り人」それは、死者の魂を黄泉に送る選ばれた存在。その後継者である少女・伊予は、ある時死んだ狼を蘇らせてしまう。蘇りは誰にも出来ぬはずの禁忌のわざ。そのせいで大国の覇王・猛日王に狙われ……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「送り人の娘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★+廣嶋さん2作目。夢中になって読んだ!人と神が共存していた古代、未練を残して死んだ者の魂をなだめ鎮め、黄泉の国へと送る「送り人」がいた。13歳の少女・伊予も送り人として育てられていたのだが、ある ★★★+廣嶋さん2作目。夢中になって読んだ!人と神が共存していた古代、未練を残して死んだ者の魂をなだめ鎮め、黄泉の国へと送る「送り人」がいた。13歳の少女・伊予も送り人として育てられていたのだが、ある時死んでいた妖魔の黒狼を蘇らせてしまう。不死を願う猛日王にその事を知られた伊予は追われる身となって…日本神話をベースにした好みの世界観、幼いが故の伊予の心の葛藤もよく描かれている。話の展開も早くページを捲る手が止まらない。ただそれが駆け足になった感があり、もう少しじっくりと掘り下げて書いてもよかったかな。 …続きを読む
    ★Masako★
    2018年09月11日
    66人がナイス!しています
  • 表紙に惹かれ、あらすじに惹かれ手にとって読むうちに、表紙のあの人が男前な姐さんだと気づいた時の衝撃といったら!胸筋でなく脂肪でしたわ。脂肪でしたわー(笑) 話は壮大な面々の親子ゲンカに巻き込まれた運命 表紙に惹かれ、あらすじに惹かれ手にとって読むうちに、表紙のあの人が男前な姐さんだと気づいた時の衝撃といったら!胸筋でなく脂肪でしたわ。脂肪でしたわー(笑) 話は壮大な面々の親子ゲンカに巻き込まれた運命の娘が、彼女の一族を新たに再興するまで、でしょうか。時代が時代だけに下々の者達の命があまりにも軽くたくさんの命が失われました。最後の送り人の仕事は辛いものがあったけど、また先の未来で出会えると信じて! …続きを読む
    ちはや
    2014年10月26日
    11人がナイス!しています
  • 【借本】日本神話系ファンタジー。あまり日本神話系は読んだことがなかったがなかなか面白く一気に読んでしまった。 【借本】日本神話系ファンタジー。あまり日本神話系は読んだことがなかったがなかなか面白く一気に読んでしまった。
    りう@ハンドメイド製作中♪
    2015年01月24日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品