試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041020456

一私小説書きの日乗

  • 著者 西村 賢太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041020456

新時代の無頼派作家、西村賢太の生活と意見。

2011年3月から2012年5月までを綴った、平成無頼の私小説家・西村賢太の虚飾無き日々の記録。賢太氏は何を書き、何を飲み食いし、何に怒っているのか。あけすけな筆致で綴る、ファン待望の異色の日記文学、第一弾。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一私小説書きの日乗」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日記を読んでも小説を読んでも、西村賢太だ。ただただ日々の予定と仕事と飲食なんかを素直に綴っているだけなのに、妙に面白いのね。ねちっこいんだけれど、可愛くて憎めない感じ。元来、真面目で繊細なんだろう。感 日記を読んでも小説を読んでも、西村賢太だ。ただただ日々の予定と仕事と飲食なんかを素直に綴っているだけなのに、妙に面白いのね。ねちっこいんだけれど、可愛くて憎めない感じ。元来、真面目で繊細なんだろう。感情の制御にやや(?)問題はあるが、芥川賞受賞後はその辺をひっくるめての個性が認められつつあるから、このまま生きて欲しい。ただね、この暴飲暴食生活(改めて書かれると凄すぎる)だと、長生きは出来ないかな?でも、変えるつもりはなさそうだから、いいのか?彼が全身全霊傾ける藤澤淸造、読んでみなきゃ。田畑氏が見たい(笑) …続きを読む
    ワニニ
    2014年10月30日
    46人がナイス!しています
  • 著者初読み。掲載誌を立ち読みしたときに、この日記がすこぶる面白くて、まとまって本になったら絶対買おうと思っていた。や、しかしずいぶん前から書かれてた日記だったんだなあ。そして紆余曲折あったのち角川文庫 著者初読み。掲載誌を立ち読みしたときに、この日記がすこぶる面白くて、まとまって本になったら絶対買おうと思っていた。や、しかしずいぶん前から書かれてた日記だったんだなあ。そして紆余曲折あったのち角川文庫になっている。まとめて読むと更に面白い。毎日繰り返される「ビバリー」と、宝焼酎とウインナーと、編集者とのやりとり。よく揉めてもいる(笑)。でも、小説や文章をつづる姿勢はものすごく真摯だ。独特の文体も読んでいて小気味よい。とにかく中毒性のある日記。続きはもちろん、小説も読んでみよう。 …続きを読む
    メイ&まー
    2016年06月20日
    18人がナイス!しています
  • 西村先生の業があふれでている日記です。ただその日にあったことを淡々と記しているだけですが、それでも引き込まれていきます。 西村先生の業があふれでている日記です。ただその日にあったことを淡々と記しているだけですが、それでも引き込まれていきます。
    ウィズ
    2014年11月12日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品