記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

大震災に遭遇した福島の新聞人たちが今も胸に抱えつづけるものとは何か

  • 著者 門田 隆将
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041107348

記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

大震災に遭遇した福島の新聞人たちが今も胸に抱えつづけるものとは何か

  • 著者 門田 隆将
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041107348

大震災に遭遇した福島の新聞人たちが今も胸に抱えつづけるものとは何か

その時、記者たちは、なぜ海に向かったのか――。東日本大震災で存続の危機に立った福島民友新聞。『死の淵を見た男』著者、門田隆将があの未曾有の危機に直面した記者たちの真実の姿と心情を描く。

「福島民友新聞」を舞台に繰り広げられた壮絶な執念と葛藤のドラマ

おすすめコメント

ひとりひとりの記者たちの姿に、私は涙を禁じ得なかった。
取材し伝えることの意味が圧倒的な重さをもって迫ってくる。
――櫻井よしこ氏

活写された「紙齢を守る」ための死に物狂いの戦いに息を呑んだ
――田原総一朗氏(ジャーナリスト)

トピックス

プロモーションムービー

門田隆将『記者たちは海に向かった』書店店頭PV

著者紹介

写真:門田 隆将(かどた・りゅうしょう)

門田 隆将(かどた・りゅうしょう)

1958年(昭和33年)、高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション 作家として、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫) で第19回山本七平賞受賞。
主な著書に『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(第一部~第三部・小学館)、『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)などがある。

最近チェックした商品