刑事マルティン・ベック 消えた消防車

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041014790

刑事マルティン・ベック 消えた消防車

  • 著者 マイ・シューヴァル
  • 著者 ペール・ヴァールー
  • 訳 柳沢 由実子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041014790

スウェーデン発、警察小説の金字塔シリーズ・第四作!

ラーソン警部の目の前で、監視中のアパートが爆発した。猛火に襲われた人々を救うべく奮闘するも虚しく、建物は焼け落ちた。焼死者の中にはある事件の容疑者が。出動したはずの消防車はなぜこなかったのか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「刑事マルティン・ベック 消えた消防車」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第5作目。典型的な警察小説。しかも、今回はとびっきり地味な。いわゆる玄人受けする作品だろう。なにしろ「マルティン・ベック」のシリーズでありながら、主人公のマルティンは全くといっていいほど活躍の シリーズ第5作目。典型的な警察小説。しかも、今回はとびっきり地味な。いわゆる玄人受けする作品だろう。なにしろ「マルティン・ベック」のシリーズでありながら、主人公のマルティンは全くといっていいほど活躍の場面がない。単なる捜査ティームの一因に過ぎないのである。華々しいのは大男のラーソン警部補であり、事件の解決に大きく関与するのはマルメ警察の捜査官のモンソン。他のティーム内のメンバーでは、コルベリの見せ場が最後に用意されているくらい。そもそも事件そのものも火事場を除いてはいたって地味。本書はまことに玄人向き。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2020年10月30日
    354人がナイス!しています
  • ストックホルム警察のマルティン・ベックや他の刑事たち。このシリーズは、他の多くの刑事ミステリと何が違う? 読み捨てになる刑事ミステリは、スリリングな展開に支えられるが、それは1回限りの魔法だからかも ストックホルム警察のマルティン・ベックや他の刑事たち。このシリーズは、他の多くの刑事ミステリと何が違う? 読み捨てになる刑事ミステリは、スリリングな展開に支えられるが、それは1回限りの魔法だからかもしれない。シューヴァル&ヴァールーが描く刑事ものは、書き出しのスリリングさと思わせぶりな所が一番の盛り上がりで、あとは淡々と進む。しかし、たとえ一気に読んだとしても、登場人物達が決してごっちゃにならないほど一人一人が丁寧に描かれているから、そこに物語がうまれて私たちをひきつける。今回も、みんな本当に頑張った。 …続きを読む
    ケイ
    2018年10月30日
    147人がナイス!しています
  • マルティン・ベックシリーズ第5弾。ベックの名前を書き残して拳銃自殺した者。張り込み中のラーソンの前で起こるアパート大火災跡から発見された焼死体。さまざまな事象から事件の解決を目指す刑事たち。本作では主 マルティン・ベックシリーズ第5弾。ベックの名前を書き残して拳銃自殺した者。張り込み中のラーソンの前で起こるアパート大火災跡から発見された焼死体。さまざまな事象から事件の解決を目指す刑事たち。本作では主人公のベックはいまいち冴えず、ラーソンや若いスカッケ、マルメ警察のモンソンの艶っぽい活躍が目立つ。誰かではなくチームで事件を解決に導くというこのシリーズの特長が十二分にでた快作だと思う。特に、グンヴァルド・ラーソンの複雑なキャラクターが興味をそそられ、前作で若い刑事の殉職があっただけにスカッケを応援してしまう …続きを読む
    巨峰
    2018年12月13日
    115人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品