試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044081089

漢文脈と近代日本

  • 著者 齋藤 希史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044081089

漢文との格闘が、日本の「知」を創った!

漢文は言文一致以降、衰えたのか、日本文化の基盤として生き続けているのか――。古い文体としてではなく、現代に活かす古典の知恵だけでもない、「もう一つのことばの世界」として漢文脈を捉え直す。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「漢文脈と近代日本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 近代日本がそれまで長い間にわたって培ってきた漢文脈を近代日本がいかに扱ってきたかを前半では頼山陽を、後半では永井荷風を軸に探っていく。近代日本の漢文脈を考える上で外せないのは頼山陽『日本外史』だという 近代日本がそれまで長い間にわたって培ってきた漢文脈を近代日本がいかに扱ってきたかを前半では頼山陽を、後半では永井荷風を軸に探っていく。近代日本の漢文脈を考える上で外せないのは頼山陽『日本外史』だという。この本が幕末明治期のベストセラーとなったのは、武士がいかに行動すべきか、その指針を示し歴史を一つの流れで分かりやすく描き出したことが大きかった。明治期の少年たちが漢詩を作ることに熱中したのは、平仄の組み合わせによるパズル的な面白さとともに、知識量と頭の回転の速さを競うことで、聡明さを他人に誇れたからだった。 …続きを読む
    isao_key
    2015年03月28日
    9人がナイス!しています
  • 正式な文章としての漢文とその読解としての訓読文(近世)であったのが、明治には訓読文の方が、教育勅語や法律文として用いられ正式な文章となり、漢文は趣味教養の世界に押し込められていく。「士人」と「文人」と 正式な文章としての漢文とその読解としての訓読文(近世)であったのが、明治には訓読文の方が、教育勅語や法律文として用いられ正式な文章となり、漢文は趣味教養の世界に押し込められていく。「士人」と「文人」とを包括する一つの世界観であった「漢文脈」「漢文世界」が次第にその包括性を失っていく過程を、齋藤氏の筆は豊富な実例で丹念に辿ってゆく。漢詩人の父を持ち漢文世界が血肉ともなり反発の元ともなった荷風と、外部から巧みに素材として漢文を「扱う」谷崎。春台と南郭、鴎外と漱石、谷崎と芥川。対比が非常に鮮やかでワクワクした。 …続きを読む
    きさらぎ
    2017年02月10日
    5人がナイス!しています
  • そもそも訓読文がどのように成立していったかも分かっていなかったので、それを知れただけでも十分だったが、漢文の素養が求められたのは割と最近だったというところから、漢文脈として近代の中で繋がっていく過程を そもそも訓読文がどのように成立していったかも分かっていなかったので、それを知れただけでも十分だったが、漢文の素養が求められたのは割と最近だったというところから、漢文脈として近代の中で繋がっていく過程を描いていることが面白かった。漢文は文化を含むものであるというのは、言語そのものが文化を含んでいるので当たり前だとは思ったが、しかしその文化をもつ漢文脈を分析し、どのように近代日本と関わってきたのかの流れを解釈しているところは、私自身が漢文云々疎い部分もあり愉快な視点で読んだ。 …続きを読む
    ひつじ
    2020年08月30日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品