富士山

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041010082

富士山

  • 編 千野 帽子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041010082

古今の文豪が描いてきた日本の偉容、富士の山をアンソロジーで。

川端康成、太宰治、新田次郎、尾崎一雄、山下清、井伏鱒二、夏目漱石、永井荷風、岡本かの子、若山牧水、森見登美彦など、古今の作家が秀麗富士を描いた小説、紀行、評論を一堂に集めました。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「富士山」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「士(さむらい)に富むで富士の山(略)。それは不死の山であり、不二の山でもある」(「竹取物語(口語訳)(抄)星新一(118頁))日本一高い山を書いた短編小説やエッセイを集めて編まれたアンソロジー。執筆 「士(さむらい)に富むで富士の山(略)。それは不死の山であり、不二の山でもある」(「竹取物語(口語訳)(抄)星新一(118頁))日本一高い山を書いた短編小説やエッセイを集めて編まれたアンソロジー。執筆陣が夏目漱石、太宰治、井伏鱒二、川端康成、新田次郎、赤瀬川原平、森見登美彦等々と数多く、幅広く富士山の持つ多様な側面、魅力、怖さなどが味わえる本。太宰の「富嶽百景」には当然、有名な「富士には、月見草がよく似合う」という文が出てくるが、そこに至るまでの文章と思考の積み重ねに作者の魅力があると改めて感じた。 …続きを読む
    s-kozy
    2016年12月20日
    79人がナイス!しています
  • 富士山に絡む昔の文豪から最近の作家のアンソロジーです。太宰治の「富岳百景」は有名ですが、森見登美彦さんの「この文章を読んでも富士山に登りたくなりません」は笑ってしまいました。丸谷才一さんの夏目漱石やそ 富士山に絡む昔の文豪から最近の作家のアンソロジーです。太宰治の「富岳百景」は有名ですが、森見登美彦さんの「この文章を読んでも富士山に登りたくなりません」は笑ってしまいました。丸谷才一さんの夏目漱石やそのほかの様々な文学作品の富士山についての評論は力作です。 …続きを読む
    KAZOO
    2015年06月08日
    75人がナイス!しています
  • 珠玉掌編とはこの事ね。今年上半期のトップクラス。草野心平にいわせれば「昼も夜も眠らない」富士。かといって正面切って対峙するのは照れちゃう・・てわけで編者渾身のアンソロジー。どれが・って言っても何れ劣ら 珠玉掌編とはこの事ね。今年上半期のトップクラス。草野心平にいわせれば「昼も夜も眠らない」富士。かといって正面切って対峙するのは照れちゃう・・てわけで編者渾身のアンソロジー。どれが・って言っても何れ劣らぬが日頃親しんでいない太宰・川端・井伏・岡本・永井・夏目に若山は行ごと、舐め尽くしたい情感。太宰がどてら着てちんちくりんのパッチからすね毛が出ている登山像なぞ、噴飯です。井伏の作品は大人の風格で富士をそこいらのアンちゃんと扱う。意外なのはモリミー。食わず嫌いで読んでない彼のが平熱っぽくって素敵♪他も読まなきゃ …続きを読む
    キムチ27
    2017年04月12日
    51人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品