読まず嫌い。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048850278

読まず嫌い。

  • 著者 千野 帽子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048850278

私は、筋金入りの読まず嫌いだった。ある文学者の「名作」との和解の記録

名作はどうして面白いのか? 太宰も宮澤賢治もサリンジャーも苦手、人生観を開陳されることが嫌いだった著者が、名作の構造を読み解き、「多く読まれること」の謎に迫る!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「読まず嫌い。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「人はなぜ物語を求めるのか」に感心し同著者の本を探し読む。雑誌連載のエッセイ?をまとめたもの。小説の名作を読まず嫌いでいた著者が後に楽しんで読めるようになった経緯など。ド定番小説の要約などで未読のもの 「人はなぜ物語を求めるのか」に感心し同著者の本を探し読む。雑誌連載のエッセイ?をまとめたもの。小説の名作を読まず嫌いでいた著者が後に楽しんで読めるようになった経緯など。ド定番小説の要約などで未読のものを知りいろいろ読む気になった。日本独自のものだった文学全集の成り立ちや功罪など。読まなくてはいけない、とする権威は無くなってしまって、「空気」で手に取るようになったという指摘はなるほどと思われる。軽く読め、なかなかに楽しめた。 …続きを読む
    harass
    2017年05月05日
    68人がナイス!しています
  • 国語が嫌いで、そこで扱われるような古典などを読まず嫌いし、読書が好きだからこそ自分が好みそうな本以外の本を読まず嫌いしている傾向が私にはあるので、本作はとても心に響きました。名作だって、無理にそこから 国語が嫌いで、そこで扱われるような古典などを読まず嫌いし、読書が好きだからこそ自分が好みそうな本以外の本を読まず嫌いしている傾向が私にはあるので、本作はとても心に響きました。名作だって、無理にそこから何かを学ぼうとかせずに気楽に楽しめばいい、という著者の読み方に勇気づけられます。読まず嫌い本を読んだ結果、それを好きだと思うかどうかは分からないけど、その時得た感想はその本でしか得られないものである、という著者の考えに読書欲をくすぐられると同時に、読書って刺激的だなぁと思いました。 …続きを読む
    たま
    2014年06月27日
    22人がナイス!しています
  • 読まず嫌い、あるあると思い、手に取りました。特に『名作』と呼ばれる本ほど私も読んでいないです。著者は<さまざまな名作小説との和解の記録>と書いていますが、確かに「和解」が必要な本が私にはまだまだ沢山あ 読まず嫌い、あるあると思い、手に取りました。特に『名作』と呼ばれる本ほど私も読んでいないです。著者は<さまざまな名作小説との和解の記録>と書いていますが、確かに「和解」が必要な本が私にはまだまだ沢山あります。今が読み時なのかもしれません。きっと若い時にはわからなかったことが今なら分かるかも^^ …続きを読む
    さら
    2013年03月04日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品