神曲 天国篇

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784044069094

神曲 天国篇

  • 著者 ダンテ
  • 訳者 三浦 逸雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784044069094

ダン・ブラウン最新作『インフェルノ』、今度の謎はダンテの「地獄篇」だ!

永遠の女性ベアトリーチェと再会し、九つの天を昇りはじめたダンテ。星々の光が饗宴する中、天上の至高天でついに神の姿を捉える--第3部。「文学の枠を超えた、表現の怪物」(中沢新一/本書エッセイ)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神曲 天国篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ベアトリーチェに導かれてダンテが天国を巡り、聖ベルナルドゥスなどの聖人と対話を交わす。壽岳訳、平川訳ではついていくのがやっとだったが、この三浦訳で面白さが分かった気がする。キリスト教世界観になじみのな ベアトリーチェに導かれてダンテが天国を巡り、聖ベルナルドゥスなどの聖人と対話を交わす。壽岳訳、平川訳ではついていくのがやっとだったが、この三浦訳で面白さが分かった気がする。キリスト教世界観になじみのない日本人にこの天国篇があまり人気ないのは仕方ないかも。 …続きを読む
    balthazar
    2016年05月11日
    12人がナイス!しています
  • 煉獄編のラストがあまりに凄かったので、逆に「天国編大丈夫かな」と心配していたのですが、これはこれでとんでもなく素晴らしい作品でした。至高天を目指して宇宙を昇りながら、神について語りあうダンテとベアトリ 煉獄編のラストがあまりに凄かったので、逆に「天国編大丈夫かな」と心配していたのですが、これはこれでとんでもなく素晴らしい作品でした。至高天を目指して宇宙を昇りながら、神について語りあうダンテとベアトリーチェ。きらめく永遠の光。溢れる愛。煉獄編のようなドラマはありませんが、煉獄編ラストの楽園で始まったサイケデリアみたいなものが、濃度を増しながらずーっと続いてゆき、こっちの頭もふわふわしている感じです。未読の方が読まれるときは一気読みをおすすめします。難しく考えようと思わなければ、ものすごく分かりやすいです。 …続きを読む
    mstr_kk
    2014年10月11日
    7人がナイス!しています
  • あこがれのベアトリーチェといっしょに歩けるようになってしまったことによって、地獄篇・煉獄篇よりもダンテがふわっとしちゃってキレがない。星占いに沿ったすごろくみたいに先へ進んでいく。このふわっと感、見覚 あこがれのベアトリーチェといっしょに歩けるようになってしまったことによって、地獄篇・煉獄篇よりもダンテがふわっとしちゃってキレがない。星占いに沿ったすごろくみたいに先へ進んでいく。このふわっと感、見覚えがあるな…。天国篇のダンテは、まるで山吹みどり先生と結婚できてしまってからの則巻千兵衛のよう。 そして煉獄篇よりもバージョンアップしたベアトリーチェがすごくいい! わたしも半分ベアトリーチェ教に入信しそうな勢い。美輪明宏と叶恭子と同じカテゴリの人だと思った。 …続きを読む
    うちこ
    2019年08月09日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品