神曲 地獄篇

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
450
ISBN:
9784044069070

神曲 地獄篇

  • 著者 ダンテ
  • 訳者 三浦 逸雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
450
ISBN:
9784044069070

ダン・ブラウン最新作『インフェルノ』、今度の謎はダンテの「地獄篇」だ!

地獄に足を踏み入れたダンテが、師ウェルギリウスに導かれ地獄の谷から天国へ旅する壮大な叙事詩、第一部。ボッティチェリの素描収録。「これはダンテが遺した文字の時限爆弾だ」(島田雅彦/本書エッセイ)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神曲 地獄篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • キリスト教の素養が無く、世界史や西洋史に詳しく無い人でも読める、初心者向きの本。当然僕もそういう人間の一人である。覚悟はしていたが読みにくかった。西洋史上の人物や、ダンテの知り合い、神話上の存在等がど キリスト教の素養が無く、世界史や西洋史に詳しく無い人でも読める、初心者向きの本。当然僕もそういう人間の一人である。覚悟はしていたが読みにくかった。西洋史上の人物や、ダンテの知り合い、神話上の存在等がどっさり出てくる。本文の下にそれらの注釈が付いているため挫折せずに済んだが、注釈の配置がこうでなければ読めなかったかもしれない。あとがきも、本作への理解を深めるのに役立ってよかった。 …続きを読む
    おりん
    2017年03月12日
    15人がナイス!しています
  • 『神曲』に関する絵画(例えばロセッティ【ベアタ・ベアトリクス】とか・・・あとなんだっけ、忘れちゃった)はいくつか見たことがあったけど原作は読んだことがなかったので。まるでテーマパークの地獄めぐりアトラ 『神曲』に関する絵画(例えばロセッティ【ベアタ・ベアトリクス】とか・・・あとなんだっけ、忘れちゃった)はいくつか見たことがあったけど原作は読んだことがなかったので。まるでテーマパークの地獄めぐりアトラクションに乗っているような気分だった。案内役はウェルギリウス師匠で。収められたボッティチェリの素描も雰囲気を盛り上げる。地獄、怖い。果たしてダンテはベアトリーチェに会えるのか、いざ煉獄篇へ。 …続きを読む
    まさむ♪ね
    2014年10月05日
    15人がナイス!しています
  • ◎17/006◎彷徨える詩人ダンテが、大詩人ウェルギリウスの導きによって阿鼻叫喚の地獄をめぐる話。難しそうだからと避けていた本作ですが、とても読みやすい翻訳と、恐ろしい挿絵、膨大な注釈に助けられました ◎17/006◎彷徨える詩人ダンテが、大詩人ウェルギリウスの導きによって阿鼻叫喚の地獄をめぐる話。難しそうだからと避けていた本作ですが、とても読みやすい翻訳と、恐ろしい挿絵、膨大な注釈に助けられました。おかげで楽しみながら無事に南半球へ到達。私だったらどこの圏谷に墜ちるかなと想像してみたり。印象に残った呵責は第八の圏谷の第七嚢。蛇と人間が融合して、蛇とも人間ともつかない異様な姿になり、やがて蛇は人間に人間は蛇に変わる呵責ですがそのグロテスクな描写といったら……。→ …続きを読む
    KN
    2017年02月05日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品