試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041009178

新装版 螺鈿迷宮

  • 著者 海堂 尊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041009178

海堂作品史上最大の因縁は、ここから始まった。最先端医療ミステリー!

「この病院、あまりにも人が死にすぎる」――終末医療の最先端施設として注目を集める桜宮病院。黒い噂のあるその病院に、東城大学の医学生・天馬が潜入した。だがそこでは、毎夜のように不審死が……。

メディアミックス情報

NEWS

「新装版 螺鈿迷宮」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 不真面目医大生の天馬大吉くんがある事情で碧翠院桜宮病院にボランティアで潜入することに。だが、そこで次々と不可解な死が続く。不自然な死には何か隠された原因があるのではないか?そして双子の小百合とさくらの 不真面目医大生の天馬大吉くんがある事情で碧翠院桜宮病院にボランティアで潜入することに。だが、そこで次々と不可解な死が続く。不自然な死には何か隠された原因があるのではないか?そして双子の小百合とさくらの父であり、医者である桜宮巌雄のなんと大きなことよ。桜宮家の悲劇と謎、そしてまさかの繋がりある伏線を回収できた時、物語の面白さが増した。またラスト1ページが意味するこれからの物語に期待高まる。『ジェネラル・ルージュの凱旋』後の物語で、桜宮シリーズの中でもキーポイントとなるこの作品だが、怪しげな医者として白鳥が→ …続きを読む
    りゅう☆
    2017年01月08日
    123人がナイス!しています
  • ジェネラルを読み終えてこちらへ。舞台は碧翠院桜宮病院。落ちこぼれ医大生の天馬大吉は記者の葉子の無理矢理な依頼で潜入。此処に姫宮と白鳥も潜入。病院長の桜宮厳男の慧眼には眼を見張る。医療の闇を司ってきた桜 ジェネラルを読み終えてこちらへ。舞台は碧翠院桜宮病院。落ちこぼれ医大生の天馬大吉は記者の葉子の無理矢理な依頼で潜入。此処に姫宮と白鳥も潜入。病院長の桜宮厳男の慧眼には眼を見張る。医療の闇を司ってきた桜宮病院の焼失。生の女神と死の女王の相克。解説にもあったが、著者海堂さんの関心テーマAi(死亡時画像病理診断)と終末期医療を盛り込んだ読みごたえある作品だった。 …続きを読む
    まこみん
    2020年08月16日
    78人がナイス!しています
  • 桜宮の影を司る桜宮病院。終末医療の先端を担っているが、不可解な死者が多数出るとの噂。マスコミに依頼された東城大医学生の天馬は潜入捜査へ。やはり不可解な事ばかり。そこには厚労相からも潜入していた氷姫こと 桜宮の影を司る桜宮病院。終末医療の先端を担っているが、不可解な死者が多数出るとの噂。マスコミに依頼された東城大医学生の天馬は潜入捜査へ。やはり不可解な事ばかり。そこには厚労相からも潜入していた氷姫こと姫宮もいた。桜宮病院の親子による緻密な連携を天馬は調べるがなかなか裏を取れない。そこに火喰い鳥の白鳥が。しかし院長には歯が立たない。やがて桜宮病院は自滅とも取れる火災に。海堂作品に登録する桜宮病院の謎が今回の物語。桜宮親子のやり方は決して許されるものでもないが、院長の力説には共感を覚える事も。小百合の行方が! …続きを読む
    ハサウェイ
    2016年04月30日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

海堂尊(かいどう・たける)

1961年千葉県生まれ。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作『チーム・バチスタの栄光』で2006年デビュー。他著に『ジェネラル・ルージュの凱旋』『ジーン・ワルツ』『ケルベロスの肖像』『モルフェウスの領域』『輝天炎上』など多数。現在、独立行政法人放射線医学総合研究所・重粒子医科学センター・Ai情報研究推進室室長。

この著者の商品

最近チェックした商品