季節はうつる、メリーゴーランドのように

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041013984

季節はうつる、メリーゴーランドのように

  • 著者 岡崎 琢磨
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041013984

「珈琲店タレーランの事件簿」の著者が描く、連作恋愛ミステリ。

奇妙な出来事に説明をつける、つまり、「キセツ」。
夏樹と冬子は、高校時代、「キセツ」を同じ趣味とする、唯一無二の存在だった。
しかしそれは、夏樹の恋心を封印した上で成り立つ、微妙な関係でもあった。
天真爛漫で、ロマンチストで、頭は切れるのにちょっと鈍感な冬子。
彼女への想いを秘めたまま大人になった夏樹は、久々に冬子と再会する。
冬の神戸。バレンタインのツリーを避けて記念写真を撮るカップルを見て、冬子は言った。
「キセツ、しないとね」

謎を乗せて、季節はめぐる。
はじけるような日常の謎、決して解けない恋愛の謎。
夏樹の想いの行方は……。
若き才能、岡崎琢磨が描く、新たなる恋愛ミステリの傑作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

インタビュー動画


「季節はうつる、メリーゴーランドのように」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • キセツ(奇妙な出来事に説明をつける)しあう男女の物語。日常の謎系で序盤は面白かったけど終盤意外な展開に・・・。タレーランは大丈夫?。 キセツ(奇妙な出来事に説明をつける)しあう男女の物語。日常の謎系で序盤は面白かったけど終盤意外な展開に・・・。タレーランは大丈夫?。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2015年08月17日
    132人がナイス!しています
  • 岡崎作品はタレーラン+1で5冊目。高校の入学式の日以来、夏樹(男)と冬子は、奇妙な出来事に説明をつける‘キセツ’を通じて親睦を深める。その夏樹の片思いと、友達のままでいたいという冬子が、二人の周辺で起 岡崎作品はタレーラン+1で5冊目。高校の入学式の日以来、夏樹(男)と冬子は、奇妙な出来事に説明をつける‘キセツ’を通じて親睦を深める。その夏樹の片思いと、友達のままでいたいという冬子が、二人の周辺で起こる奇妙な出来事に説明をつける、恋愛×ミステリという作品。なぜ二人とも関西の大学に進学したのに、社会人になるまで疎遠になったのかが、一番の謎だった。子どもと行ったことがある○良○リームランドと、福岡に転勤したとき、その子が小学校の遠足で行った能古島が出てきて懐かしかった。タレーラン5を楽しみに待ちます。 …続きを読む
    hiro
    2015年09月07日
    110人がナイス!しています
  • 【図書館】高校時代、夏樹と冬子は“奇妙な出来事に説明をつける”つまり“キセツ”を趣味とする親友だった。夏樹が恋心を封印した上で成り立つ微妙な関係。メリーゴーランドのようにめぐる謎と季節。夏樹の秘めた想 【図書館】高校時代、夏樹と冬子は“奇妙な出来事に説明をつける”つまり“キセツ”を趣味とする親友だった。夏樹が恋心を封印した上で成り立つ微妙な関係。メリーゴーランドのようにめぐる謎と季節。夏樹の秘めた想いの行方は?「珈琲店タレーランの事件簿」の著者だからこそ、絶対にラストで返されるんだろうなぁ~と慎重に読んだおかげで大きな謎の方はわかってしまいましたが…冬子はもちろん、夏樹にも共感が出来ずモヤモヤ。それにしても、メリーゴーランドのあるホテルなんて本当にあるんですね!そちらの方に驚きました。 …続きを読む
    しゅわ
    2015年10月29日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

あっというまに読み終わりました。主人公の思いが伝えられなく、友達の関係を続けていることの切なさや苦しさ等が伝わりました。私もこんな青春を送ってみたいと思いました。主人公が今後どうなったのかすごく気になります。――カリスマカンパネラ

やはり一筋縄ではいかない、最後まで止まらない物語でした。この本が恋愛を主題として宣伝されていたこともあり、恋愛に些細なミステリが絡んだ日常的ストーリーだと思い込んだままラストへ突入したからこそ、全てを覆す種明かしに息をすることも忘れて読み終えました。――りんご

最初から漂う切なさに動かされるままに読み進めましたが、最後は予想外のラストでした。夏樹と冬子とはちょうど同世代ですが、身につまされる思いもあり忘れかけていた感情を思い出したりと、同じ目線で読めたのではないかと思います。――夏木創

著者紹介

岡崎琢磨(おかざき たくま)

1986年福岡県生まれ。京都大学法学部卒業。
2012年、第10回「このミステリーがすごい!」大賞隠し玉として『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(宝島社文庫)でデビュー。繊細な心理描写により描かれる魅力的なキャラクターと、緻密なトリックによるミステリが好評を博す。本作はデビュー後初の単行本作品となる。

最近チェックした商品