季節はうつる、メリーゴーランドのように

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041058367

季節はうつる、メリーゴーランドのように

  • 著者 岡崎 琢磨
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041058367

「珈琲店タレーランの事件簿」著者、岡崎琢磨が送る、究極の片想いミステリ

夏樹と冬子は、高校時代、男女だけれど「親友」だった。
お互い、日常の謎を解くことを趣味として、一緒に居て誰よりも心地良い存在だったあの頃。

やがて社会人となった夏樹は、冬子に会いに神戸を訪れる。
町を散策しながら、昔と同じく、冬子と日常の謎ときを楽しむ夏樹だが、
夏樹には心に秘めた想いがあった。
冬子への恋心。もう、ごまかせない。
けれど冬子はなかなか、夏樹の想いを伝えるチャンスをくれなくて……。
もどかしくも、季節はうつる。夏樹の焦り、冬子の戸惑いをのせて。
そして……。

それは、最高で最低の片想い……。
優しく穏やかなな日常の謎ときから一転、驚愕のエンディングに、誰もがきっと目を瞠る。
青春ミステリの名手、岡崎琢磨が送る、究極の青春恋愛ミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

インタビュー動画

「季節はうつる、メリーゴーランドのように」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 四季の一巡、物語は冬に始まり冬に戻る。季節(キセツ)により解明されていく様々な出来事。夏樹&冬子の再会と写真の2人、秋桜の写真の矛盾、夏生まれの冬子の名の真意、夏樹の想いと冬子の目論見と夏樹の想い、そ 四季の一巡、物語は冬に始まり冬に戻る。季節(キセツ)により解明されていく様々な出来事。夏樹&冬子の再会と写真の2人、秋桜の写真の矛盾、夏生まれの冬子の名の真意、夏樹の想いと冬子の目論見と夏樹の想い、そして最後に夏樹の行動をキセツする。「僕の口から、彼女に語られることはなかった」という一文で各章が終わるものだから、どんだけ胸に秘めるんだよ!なんて思ったけど、事情が分かると納得。夏樹と亜樹、二人はどうなるのか?「それは、最高で最低の片想い」 この意味がわからずに、読み進め最後に分かりました。読後感はビターです …続きを読む
    タカユキ
    2020年05月03日
    86人がナイス!しています
  • 岡崎さん初読み。高校で出会った夏樹と冬子。日常の謎プラス夏樹の切ない片想い、で読んでたんだけど! 読了後とても気分が悪い。。冬子もさっさとフリなよ。。【読み放題使ってみた③】 岡崎さん初読み。高校で出会った夏樹と冬子。日常の謎プラス夏樹の切ない片想い、で読んでたんだけど! 読了後とても気分が悪い。。冬子もさっさとフリなよ。。【読み放題使ってみた③】
    えりこんぐ🐤
    2020年09月17日
    57人がナイス!しています
  • 【図書館】“奇妙な出来事に説明をつける”つまり“キセツ”を二人で楽しんでいた高校生の夏樹と冬子。恋心を封印した夏樹とそれに気付きつつ“良い友達”であることを望む冬子。単行本以来だから2年ぶりぐらいかな 【図書館】“奇妙な出来事に説明をつける”つまり“キセツ”を二人で楽しんでいた高校生の夏樹と冬子。恋心を封印した夏樹とそれに気付きつつ“良い友達”であることを望む冬子。単行本以来だから2年ぶりぐらいかな?の再読でしたが、先の展開を知っていてもモヤモヤしっぱなしの一冊でした。収穫はあとがき。今作は『タレーラン』より先にミステリ大賞に応募するために書かれたものだったんですね。ちょっと粗削りというか“ドンデン返しの為の舞台づくり”にもってゆかれ過ぎてるのがなんとも残念。もっとちゃんと主役の二人を描いてほしかった …続きを読む
    しゅわ
    2017年12月14日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

あっというまに読み終わりました。主人公の思いが伝えられなく、友達の関係を続けていることの切なさや苦しさ等が伝わりました。私もこんな青春を送ってみたいと思いました。主人公が今後どうなったのかすごく気になります。――カリスマカンパネラ

やはり一筋縄ではいかない、最後まで止まらない物語でした。この本が恋愛を主題として宣伝されていたこともあり、恋愛に些細なミステリが絡んだ日常的ストーリーだと思い込んだままラストへ突入したからこそ、全てを覆す種明かしに息をすることも忘れて読み終えました。――りんご

最初から漂う切なさに動かされるままに読み進めましたが、最後は予想外のラストでした。夏樹と冬子とはちょうど同世代ですが、身につまされる思いもあり忘れかけていた感情を思い出したりと、同じ目線で読めたのではないかと思います。――夏木創

著者紹介

岡崎 琢磨

1986年福岡県生まれ。京都大学法学部卒業。
2012年、第10回「このミステリーがすごい!」大賞隠し玉として『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(宝島社文庫)でデビュー。繊細な心理描写により描かれる魅力的なキャラクターと、緻密なトリックによるミステリが好評を博す。本作はデビュー後初の単行本作品となる。

最近チェックした商品