試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784044094942

ちょっと早めの老い支度

  • 著者 岸本 葉子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784044094942

老後は少し気になるけれど身辺整理には早すぎる。そんな40代以上の女性へ

30代のときは、結婚をせず、子どものない老後を迎えることが怖かったという著者。しかし、50代に入り、かえってその恐怖感が薄れたという。巷の老後の本では「早すぎる」という印象を受けた著者が、老後の少し手前にいる今、どんな心づもりをしたらよいかを自分なりに考え、綴ったエッセイ。「モノと収納の話」「住まいと家事の話」「健康と食の話」「人付き合いと防犯の話」「お金と遺言の話」「これからの話」の六つのテーマのエッセイに、産婦人科医・対馬ルリ子氏、お金の専門家・畠中雅子氏との対談が収録されている。

もくじ

一章 モノと収納の話
   モノ減らしを決意/片づけは「部分」から/着ない服を売る/クローゼット内を改革/
   地金買い取り初体験/少女趣味は突然に/ときにはまだ増える

二章 住まいと家事の話
   つらい庭仕事/ どうする、寒さ対策/入浴はジムで / 
   洗濯機が置けない? /全自動か、手作業か /掃除ロボットがやって来て

三章 健康と食の話
   進む老眼/歯まで欠けた! /年相応の髪型 / 自転車はやめられない /
   これからは筋トレ?/ 熱中症を防ぐには/ 食事作りはたいへんでも/体にいいつもり/
   スーパーの一パック/また、もの忘れ/ 頼りはメモ 

対談1 対馬ルリ子さんと、健康を語る


四章 人付き合いと防犯の話
   地域へデビュー /  同窓会に初参加 /
   旧交を温める / 近くの他人 / 安全のためにできること / いつか来るひとりの正月


五章 お金と遺言の話
   先立つものは/  小さな支出を見直す/エイジングケアの費用/  悪質業者に気をつける/
   遺言のタイミング / エンディングノート


対談2 畠中雅子さんと、住まいとお金を語る




六章 これからの話
   してみたいことがたくさん /  ときたま向学心 /
   女子と呼ぶのはいくつまで?/  「大人買い」の決め手 / 支度が役に立たなくても 

おわりに……“女子力”で乗り越える 

メディアミックス情報

NEWS

「ちょっと早めの老い支度」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 早め早めに考えておくことがとても大切な気がした。考えることは無駄なことじゃない。後悔するような生き方よりよく考えて選んだ道を歩みたいから。老い支度は、自分のためだけではなく家族のためでもあるし。世間話 早め早めに考えておくことがとても大切な気がした。考えることは無駄なことじゃない。後悔するような生き方よりよく考えて選んだ道を歩みたいから。老い支度は、自分のためだけではなく家族のためでもあるし。世間話をするような軽い感覚で綴られているから、気負うことなく共感することができた。同級会に参加しない…友達と会いたい気はするけれど、思い出したくないものももれなく付いてくると思うと気が滅入るから参加しなかった。まあ、この辺りは、残り少ない時間を過去の自分もひっくるめて自分の人生よ…と思えるようになるかだな。 …続きを読む
    あつひめ
    2016年12月03日
    78人がナイス!しています
  • 著者が50歳前後の頃に、その日常や心境を書いたエッセイをまとめたもの。10年後の私、って考えると、興味深いことも書いてあった。例えば、女性ホルモンの話とか、エンディングノートの話など。「今は今としてせ 著者が50歳前後の頃に、その日常や心境を書いたエッセイをまとめたもの。10年後の私、って考えると、興味深いことも書いてあった。例えば、女性ホルモンの話とか、エンディングノートの話など。「今は今としてせいいっぱい享受する」という、最後のまとめには、とても共感。 …続きを読む
    さおり
    2017年06月25日
    51人がナイス!しています
  • 今からお金のことは考えておかないと…そう思う反面、なんとかなるかなと思ってしまうあたり、書き手の岸本さんと少し似ていて笑ってしまった。気に入ったものを色違いで買ってしまうときがあるところなども。私は彼 今からお金のことは考えておかないと…そう思う反面、なんとかなるかなと思ってしまうあたり、書き手の岸本さんと少し似ていて笑ってしまった。気に入ったものを色違いで買ってしまうときがあるところなども。私は彼女よりは若いが、独りなので正直老いはこわい。住宅にかかるお金は目下一番気になっておるところだが、うまく付き合いながら、老後に趣味や健康のためにお金をかけて、様々な人たちと接点を保てるようでありたい。 …続きを読む
    suite
    2017年01月30日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品