虎落笛 照降町自身番書役日誌 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年09月25日
商品形態:
電子書籍

虎落笛 照降町自身番書役日誌

  • 著者 今井 絵美子
発売日:
2014年09月25日
商品形態:
電子書籍

互いに惹かれあいながら、男女のあいだに逃れられない深い溝が横たわる

市井の暮らしになじみながらも、武士の矜持を捨てきれず、心の距離に戸惑うこともある喜三次。悩みや問題を抱えながら、必死に毎日を生きようとする市井の人々の姿を描く胸うつ人情時代小説シリーズ第三弾!

メディアミックス情報

NEWS

「虎落笛 照降町自身番書役日誌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • おきん婆さんの悲しい過去。富くじから始まる事件、心中事件など、市井の出来事に接してそれぞれの思いを抱える登場人物達。喜三次は武士時代のことを心に抱えながら生きる。佐吉は失恋。それぞれの人々の心の痛みは おきん婆さんの悲しい過去。富くじから始まる事件、心中事件など、市井の出来事に接してそれぞれの思いを抱える登場人物達。喜三次は武士時代のことを心に抱えながら生きる。佐吉は失恋。それぞれの人々の心の痛みは現代と変わらない。お玉ちゃん、小生意気だけど良い仕事したわ。おゆきが相変わらず好きになれないのよねぇ。 …続きを読む
    はにこ
    2021年07月21日
    27人がナイス!しています
  • 第1話「霊迎え」 良い話しでした。お盆の迎え火など 大切にしたい昔ながらの行事だと思います。ハロウィンとか 仮装は要らないなぁ。 第1話「霊迎え」 良い話しでした。お盆の迎え火など 大切にしたい昔ながらの行事だと思います。ハロウィンとか 仮装は要らないなぁ。
    森の猫
    2015年10月16日
    13人がナイス!しています
  • 内容(「BOOK」データベースより) 流しの建具師富蔵と滅法界美印の佐和の夫婦が、先つ頃、源五郎店に越してきた。佐和は安房一帯を牛耳る侠客に博打の形として娶られたのを、富蔵の手引きで逃げ出したのだとい 内容(「BOOK」データベースより) 流しの建具師富蔵と滅法界美印の佐和の夫婦が、先つ頃、源五郎店に越してきた。佐和は安房一帯を牛耳る侠客に博打の形として娶られたのを、富蔵の手引きで逃げ出したのだという。幸せを求めてあてどなくさすらう男と女。想いを寄せながら故郷に残してきた香苗と自分を、二人の姿につい重ねてしまう喜三次を描いた表題作ほか、置かれた場所で必死に生きようとする市井の人々の健気な心模様を丁寧に描く感動の時代小説第三弾! …続きを読む
    千日紅
    2020年05月15日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品