試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044003128

実伝 黒田官兵衛

  • 編者 火坂 雅志
  • カバーデザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044003128

いま注目の歴史小説家が、大河ドラマ主人公・黒田官兵衛の実像に迫る!

秀吉の天下取りを支え、関ヶ原の合戦に最後の野望を賭した名軍師・黒田官兵衛。彼は乱世に何を考え、どのように生きたのか。文庫オリジナルの特別対談も収録。官兵衛の魅力と実像を浮かび上がらせる決定版。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「実伝 黒田官兵衛」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『軍師の門』を描いた作者が竹中半兵衛と黒田官兵衛をよりディープにして貰お〜と思って書いたに違いない(多分?)一冊。作者の対談集や小説のワンシーンのピックアップ、他の小説家が描いた官兵衛像、官兵衛評が記 『軍師の門』を描いた作者が竹中半兵衛と黒田官兵衛をよりディープにして貰お〜と思って書いたに違いない(多分?)一冊。作者の対談集や小説のワンシーンのピックアップ、他の小説家が描いた官兵衛像、官兵衛評が記載されてます。どちらかと言えば改名した(如水に改名後)後の話が多い様な気がします。色んな人の批評が出て来てますが、キリスト教入信から棄教する迄の考察は戴けない。僕は『手段』としての入信で、ロマンチストでは無く超現実主義の人が少し垣間見た理想がキリスト教だった、と考えてますので。一言で言うと官兵衛考察本ッス。 …続きを読む
    如水
    2018年01月23日
    19人がナイス!しています
  • 来年の大河ドラマということで予習。黒田官兵衛は秀吉の優秀な参謀ということだけは知っていたが、あとは初めて知ることばかりだったので興味深く読み進められた。頭よかったんだね~。でも切れ者過ぎて一言多かった 来年の大河ドラマということで予習。黒田官兵衛は秀吉の優秀な参謀ということだけは知っていたが、あとは初めて知ることばかりだったので興味深く読み進められた。頭よかったんだね~。でも切れ者過ぎて一言多かったり…ってことは、そんなにできる人でもなかったのでは?息子の長政は反面教師ってとこでしょうか。だんだん親子仲も危ういものになってくるけど、結局父の愛は深かったようですね♪上の下、中の上なんですかね、官兵衛は。さて大河ではどのように描かれるのか楽しみ~ …続きを読む
    ナラ
    2013年10月03日
    8人がナイス!しています
  • 内容的には、よく知っている黒田官兵衛についての解説でした。真新しい史実は有りませんが、コメンテーターごとに違う黒田官兵衛・長政観が勉強になりました。義の人なのか、はたまた運悪き真っ直ぐな『切れすぎる懐 内容的には、よく知っている黒田官兵衛についての解説でした。真新しい史実は有りませんが、コメンテーターごとに違う黒田官兵衛・長政観が勉強になりました。義の人なのか、はたまた運悪き真っ直ぐな『切れすぎる懐刀』なのか?ちなみに私は、彼を『諦めの悪いキレ者』だと思っております(^w^) …続きを読む
    鮫次郎
    2013年05月28日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品