宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年04月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
448
ISBN:
9784041107362

宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源

  • 著者 佐藤 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年04月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
448
ISBN:
9784041107362

現代の危機の源泉に佐藤優が挑む。特別な作品という、全精力を注いだ論考!

近代、民族、国家、ナショナリズムの起源となった宗教改革。この知識なくして近代以降を、国際社会のゲームのルールを理解することは出来ない。佐藤優がすべての力を投入し、我々を世界水準の知識人へといざなう!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • Ⅲ,Ⅳ部中心に読む。中世は、見えないが確かにそこにある何かを信じることができた時代だ。祈りというツールによってその世界に働きかけた。信仰の本質はむしろ見えない事柄をめぐるものである。フスはイエスを長と Ⅲ,Ⅳ部中心に読む。中世は、見えないが確かにそこにある何かを信じることができた時代だ。祈りというツールによってその世界に働きかけた。信仰の本質はむしろ見えない事柄をめぐるものである。フスはイエスを長とする普遍的教会こそ真実の教会と考え、真のキリスト教徒は現実の構造悪=悪魔と常に戦いながら生成する動的な存在らしい。原罪をもつ人は弱いため支えを必要とする。その支えが教会の土台となる。フスの焚刑から宗教改革が起こり、大国に挟まれた中欧で民族という概念が萌芽する。2015年はフス没後600年である。 …続きを読む
    非日常口
    2015年01月12日
    21人がナイス!しています
  • 価値形態論。 商品には貨幣に還元できる価値と、個物の有用性である使用価値の二重性がある。酒を飲んで気持ちよくなるのが使用価値。酒を生産し貨幣を得る事が資本家の関心。 近未来的に日本は国家統合の危機に直 価値形態論。 商品には貨幣に還元できる価値と、個物の有用性である使用価値の二重性がある。酒を飲んで気持ちよくなるのが使用価値。酒を生産し貨幣を得る事が資本家の関心。 近未来的に日本は国家統合の危機に直面するのか?ハプスブルグ帝国におけるチェコと、日本帝国における沖縄の類比的情況。バチカンと中国には外交関係が存在しない。信仰する人間の内在的論理を掴む? …続きを読む
    Happy Like a Honeybee
    2015年06月03日
    6人がナイス!しています
  • 四百数十頁というかなりのヴォリュームだが、著者があとがきで示唆しているとおり内容も相当に濃い。ただ、そのあとがきで「神学書でも、学術書でもない」と述べてはいるが、その両方の要素を兼ね備えたかなり歯ごた 四百数十頁というかなりのヴォリュームだが、著者があとがきで示唆しているとおり内容も相当に濃い。ただ、そのあとがきで「神学書でも、学術書でもない」と述べてはいるが、その両方の要素を兼ね備えたかなり歯ごたえのある書物である。また、タイトルから予想されるような、ルター、カルヴァンによる宗教改革ではなく、主題になっているのは、チェコのヤン・フスとその一派による改革。ここで繰り広げられる当時のカトリックへの批判は今日でも通じるもので、カトリック信者としては正直耳に痛かった。そうした負の意味も含めて読み応えある一冊。 …続きを読む
    amanon
    2014年08月10日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品