試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041008461

関連作品有り

雪国

  • 著者 川端 康成
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041008461

ノーベル文学賞作家による永遠の名作。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。「無為の孤独」を非情に守る青年・島村と、雪国の芸者・駒子の純情。魂が触れあう様を具に描き、人生の哀しさ美しさをうたったノーベル文学賞作家の名作。

メディアミックス情報

NEWS

「雪国」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 淡くガラス窓に消える雪のようなものを見ていた。過透明な羽虫の翅は美しすぎてまるで死のようであったが、私はむしろそこに生き抜く逞しさのようなものも併せて見たような気がしている。 雪で閉じられたそのくにの 淡くガラス窓に消える雪のようなものを見ていた。過透明な羽虫の翅は美しすぎてまるで死のようであったが、私はむしろそこに生き抜く逞しさのようなものも併せて見たような気がしている。 雪で閉じられたそのくにのおんなが、脚は容易く開いても、真に心を開くことはないだろう。つらく厳しい冬の寒さは、はっと息をのむ幻燈と、永遠のような啓示のような星の河をひらめかせすうと消えた。燃えるかなしみと、いじらしく故にみすぼらしいような生命力。その切なるひらめきの瞬間に立ち会えた、そのことは私にとっては何よりも慈しむべきものである。 …続きを読む
    ちなぽむ@ゆるりと復活
    2019年12月22日
    179人がナイス!しています
  • 色んな作品を手に取るようにして、新しい知識・感性等を入れていくように『読書』をしているが、それと同時に、『螢川』を皮切りに、以前読んだ作品も読んで、感想を残そうと思った。ミシマ『潮騒』と共に、高校時代 色んな作品を手に取るようにして、新しい知識・感性等を入れていくように『読書』をしているが、それと同時に、『螢川』を皮切りに、以前読んだ作品も読んで、感想を残そうと思った。ミシマ『潮騒』と共に、高校時代初読→今に至る。まずは、あまりにも有名な冒頭。これにより、この小説の儚さ・哀愁が一行で表現されている。その雪国で、その『恋愛』の事実は道徳的に如何なものかと思う事ばかりだが、もう1人のヒロインを含めた主要登場人物3人が、細やかに動き、細やかに心情を変え、それぞれの在り方・人生の所在などを川端文学が作る。 …続きを読む
    ykmmr (^_^)
    2021年09月27日
    74人がナイス!しています
  • ノーベル賞受賞の対象作品。日本語の文章の巧さと優れた感受性で日本人の心の精髄を表現したと評された。冒頭の有名な文章から、雪深い列車の中の夕景色の鏡の中「指で覚えている女」と「眼にともし火をつけていた女 ノーベル賞受賞の対象作品。日本語の文章の巧さと優れた感受性で日本人の心の精髄を表現したと評された。冒頭の有名な文章から、雪深い列車の中の夕景色の鏡の中「指で覚えている女」と「眼にともし火をつけていた女」との間になにがあるのかと匂わせる始まりから妖しげ。駒子に魅かれていく島村は、遂に火事のなか葉子が落ちるのを見る。その夜空は天の川が掬い上げられる程近かった。部屋に羽ばたく蛾や雪国の冷水で晒した麻の縮、内湯で聴く葉子の謡が印象的な場面として頭に浮ぶ。物語としては謎めいたまま終わるが、心情を表わす表現が印象的。 …続きを読む
    アキ
    2019年11月18日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品