伊豆の踊子

伊豆の踊子

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1968年02月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041057025
label

伊豆の踊子

  • 著者 川端 康成
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
1968年02月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041057025
孤独の心を抱いて伊豆の旅に出た一高生は、旅芸人の十四歳の踊り子にいつしか烈しい思慕を寄せる。青春の慕情と感傷が融け合って高い芳香を放つ、著者初期の代表作。 孤独の心を抱いて伊豆の旅に出た一高生は、旅芸人の十四歳の踊り子にいつしか烈しい思慕を寄せる。青春の慕情と感傷が融け合って高い芳香を放つ、著者初期の代表作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「伊豆の踊子」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ほんとに、いい人ね。いい人はいいね」。言わずと知れた川端康成の名作を、久しぶりに読み返した。純真無垢な踊子の姿に、心が洗われる。顔を赤らめる表情、語彙が少ないからこそあっぴろげで瑞々しい言葉遣いなど 「ほんとに、いい人ね。いい人はいいね」。言わずと知れた川端康成の名作を、久しぶりに読み返した。純真無垢な踊子の姿に、心が洗われる。顔を赤らめる表情、語彙が少ないからこそあっぴろげで瑞々しい言葉遣いなど、著者の筆致は少女の魅力をさまざまに切り取っている。わずか数日を共にしただけだが、踊子に主人公はいたく心を打たれたようだ。旅をすると、物事は三割増しくらい素晴らしく見えてくる。そんな旅行者特有の心理も働いているだろう。すぐれた旅行譚でもある。他の短篇では、意外にホラーや狂気を感じる作品が多いのが印象的だった。 …続きを読む
    びす男
    2017年10月17日
    95人がナイス!しています
  • ★★★★☆_「旅フェア☀︎キャプさんぽ☀︎」第三弾。ーー感嘆。いったいどうして……まさかこんな……。川端康成の不朽の名作。知らない人はそんなにいないだろう。少しだけ卑屈になっていた青年が、伊豆に向けてひとり旅をゆ ★★★★☆_「旅フェア☀︎キャプさんぽ☀︎」第三弾。ーー感嘆。いったいどうして……まさかこんな……。川端康成の不朽の名作。知らない人はそんなにいないだろう。少しだけ卑屈になっていた青年が、伊豆に向けてひとり旅をゆく。旅路の途中で出会った旅芸人(現代イメージのそれとは乖離がある)の一人の踊子に心を洗われる。当然、影響を受けやすい俺も心を洗われる。最後の奥ゆかしさ、現代の日本では絶滅しかけているもの。青年の口調はかなり大人。まさか、まさか、まさかこの青年が若干20歳だなんて!もっとしっかりしますごめんなさい! …続きを読む
    キャプテン
    2017年01月07日
    72人がナイス!しています
  • 物足りない。これほど短いとは想像だにしていなかった。クライマックスが早過ぎた。詰まらない。素養がないのか、想像力がないのか。『禽獣』は小鳥を飼う話。 物足りない。これほど短いとは想像だにしていなかった。クライマックスが早過ぎた。詰まらない。素養がないのか、想像力がないのか。『禽獣』は小鳥を飼う話。
    rueshё
    2007年03月19日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品