城崎殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041007815

城崎殺人事件

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041007815

土蜘蛛伝説の地に巣くう黒い闇を浅見光彦があばく!

浅見光彦は、母・雪江のお供で兵庫県の名湯城崎温泉を訪れる。土蜘蛛伝説の残るこの地にある保全投資協会のビルで遺体が発見され警察は自殺と決め込むなか、浅見は事件性が高いことを主張するが――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「城崎殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 二年前に行った城崎がとても良い所で、城崎を舞台にしたお話はないかなあと思い、見つけたこの本をようやく読む。光彦とお母さんとの二人旅で訪れた城崎で、事件に巻き込まれるお馴染みの展開。出張のお供に読んだが 二年前に行った城崎がとても良い所で、城崎を舞台にしたお話はないかなあと思い、見つけたこの本をようやく読む。光彦とお母さんとの二人旅で訪れた城崎で、事件に巻き込まれるお馴染みの展開。出張のお供に読んだが、旅先や移動中に読むのに、こう言う作品はちょうどいいんだな。内容は重くなく、二日くらいで読めてしまう分量。道理で、空港や駅の本屋さんでは光彦シリーズや十津川警部の話が沢山売ってるわけだ。浅見光彦シリーズ、これが三作めだが、これから全都道府県制覇を目論んでみようかな。 …続きを読む
    chantal(シャンタール)
    2019年11月20日
    92人がナイス!しています
  • 今回は女性に悩まされることもなく、母親孝行しながらの旅。いつもより気になったのは警察のお粗末ぶりかな。もどかしいったらありゃしない。母フル登場で、光彦さんものびのびできない部分もあったでしょうが、解決 今回は女性に悩まされることもなく、母親孝行しながらの旅。いつもより気になったのは警察のお粗末ぶりかな。もどかしいったらありゃしない。母フル登場で、光彦さんものびのびできない部分もあったでしょうが、解決のヒントを投げ掛けたりと無意識でも協力しているところがすごい。さすが光彦さんの母上だ。今回も、城崎の温泉やら食べるものやら、う~ん行きたい!!とバーチャル旅を楽しませてもらった。 …続きを読む
    あつひめ
    2014年08月30日
    61人がナイス!しています
  • 招かれざる客「推理作家」。兵庫県城崎温泉。兵庫県出石市。 招かれざる客「推理作家」。兵庫県城崎温泉。兵庫県出石市。
    まひはる
    2016年03月27日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品