笑う警官 刑事マルティン・ベック

1971年 アメリカ探偵作家クラブ エドガー賞 最優秀長編賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041010174

1971年 アメリカ探偵作家クラブ エドガー賞 最優秀長編賞

笑う警官 刑事マルティン・ベック

  • 著者 マイ・シューヴァル
  • 著者 ペール・ヴァールー
  • 訳者 柳沢 由実子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041010174

アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞、警察小説の金字塔を新訳で!

市バスで起きた大量殺人事件。被害者の中には殺人課の刑事が。若き刑事はなぜバスに乗っていたのか? 唯一の生き証人は死亡、刑事マルティン・ベックらによる、被害者を巡る地道な聞き込み捜査が始まる――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「笑う警官 刑事マルティン・ベック」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1968年に発表され、警察小説の嚆矢とも 言われる本作品..地味だが面白い。 舞台は1960年代のストックホルム.. ベトナム反戦運動のうねりが 不安な時代を 反映させている。 バスで殺された8人.. 1968年に発表され、警察小説の嚆矢とも 言われる本作品..地味だが面白い。 舞台は1960年代のストックホルム.. ベトナム反戦運動のうねりが 不安な時代を 反映させている。 バスで殺された8人..意味不明な最後の言葉.. 現在と過去の事件を巧みにリンクさせながら、 マルティン・ベック刑事たちの地道な捜査が 真実を暴いていく..謎解きではなく 捜査する 警察官を描く、王道の警察小説だった。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2016年06月05日
    294人がナイス!しています
  • 主人公のマルティン・ベックはタイトルとは裏腹に「笑わない」警官。1967年当時のスウェーデン社会は大きな変動期にあり、およそ笑ってはいられない状況にあったようだ。さて、ベックは一応は主人公ではあるとい 主人公のマルティン・ベックはタイトルとは裏腹に「笑わない」警官。1967年当時のスウェーデン社会は大きな変動期にあり、およそ笑ってはいられない状況にあったようだ。さて、ベックは一応は主人公ではあるというものの、登場場面は極めて少ない。つまり彼が主任捜査官として率いるチームそのものこそが主役なのだ。その意味で、本書は徹底したリアリズムに立脚した警察小説だ。そして、ここで描かれているのは表層的には犯罪なのであるが、実はその背後にあるストックホルムの姿そのものなのだ。奥行きのある実に読み応えのある小説だ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2015年08月23日
    286人がナイス!しています
  • 70年代に読んだ本ですが最近新訳で出たということで読んでみました。昔読んだときは自分が若かったこともあり、このような分野の小説はあまり肌に合わなくて、また北欧の暗い感じがあり、印象に残らない感じでした 70年代に読んだ本ですが最近新訳で出たということで読んでみました。昔読んだときは自分が若かったこともあり、このような分野の小説はあまり肌に合わなくて、また北欧の暗い感じがあり、印象に残らない感じでした。今回読み直してみるとやはり名作でかなりきちんとした警察の捜査などが書かれていて読み直してよかったと思いました。ほかの9作も読み直そうかと思います。 …続きを読む
    KAZOO
    2016年05月10日
    168人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品