トオチカ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年04月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041104385

トオチカ

  • 著者 崎谷 はるひ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年04月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041104385

大人の女性を甘やかに変える極上ラブストーリー!

鎌倉で雑貨店を営む里葎子。過去の恋によりトラウマを抱える彼女に長身のバイヤー千正は何かとちょっかいをかける。彼に対して普通に振る舞えない里葎子はある日、決定的な弱みを見せてしまい……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トオチカ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読破。オトナ女子のリアル・ラブストーリー、と言うことでしたが。すみません、なんか読んでて、どうも「オトナ女子」と言うところが素直に納得できなかった。きつく当たってしまう素直になれない部分、まぁわからな 読破。オトナ女子のリアル・ラブストーリー、と言うことでしたが。すみません、なんか読んでて、どうも「オトナ女子」と言うところが素直に納得できなかった。きつく当たってしまう素直になれない部分、まぁわからなくはないですが、高校生?みたいな。優しくさせろよ、みたくキザなセリフ吐くオトコも、既に絶滅して久しいでしょう。もしそのセリフ聞いたら、サブイボ出て、一気に引くような気がするわ。読んだことないですが、BLものってこんな感じのキャラ設定なんでしょうか? あの店の、この物語の中での存在意義がちょっと弱いかなぁ。 …続きを読む
    七色一味
    2014年07月14日
    56人がナイス!しています
  • 初読。著者初の一般文芸も、期待通りの盛り上がり。この作品も、過去作品とどこかでリンクしているかもと考えると面白い。ただ、表紙絵と文とでは人物イメージがちょっと違う。 初読。著者初の一般文芸も、期待通りの盛り上がり。この作品も、過去作品とどこかでリンクしているかもと考えると面白い。ただ、表紙絵と文とでは人物イメージがちょっと違う。
    扉のこちら側
    2013年06月26日
    54人がナイス!しています
  • 読友さんのオススメ本。こんなに感想が書けない作品もなかなかありません。これは悪い意味ではなく、とても自分にしっくりくる好きな作品過ぎて。何度も「こんな言葉じゃこの本も私の気持ちも表せない」と思って消し 読友さんのオススメ本。こんなに感想が書けない作品もなかなかありません。これは悪い意味ではなく、とても自分にしっくりくる好きな作品過ぎて。何度も「こんな言葉じゃこの本も私の気持ちも表せない」と思って消しちゃうんですよね(笑)。なので、この本をこういうタイミングで読むと一番しっくりくるかな?と私が思うタイミングを書いてみようかと。「なんか色々うまくいかないな」「恋愛の感覚ってどんな感じだったっけ?」「何か今私求めてない?」答えをくれるものではないかもしれません。でも、ちょっとだけ口角を上げたくなる作品です。 …続きを読む
    蝶よ花You
    2014年02月06日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

恋愛小説という先入観から入ったので、最初のギスギスした雰囲気にあれ?と思いましたが、読み終わったらもうニヤニヤとときめきが止まりません!途中からトオチカの世界に入り込みすぎて、里葎子と一緒に怒ったり切なくなったり。だからこそ終盤は二倍ハッピーを感じました。(ほむさん)

読みやすくて一気に読み切りましたし、世界にすぐに入り込めました。読書から少し遠ざかっている人にもオススメ出来る本でした。甘い恋愛ドラマなのですが、甘過ぎない入り込みやすいお話でした。リアル感も絶妙だと思います。普段の生活を忘れて物語に浸りたいと言う時にピッタリの本だと思いました。(のっちさん)

久々に恋愛というものを思い出し、時間を忘れ、ぐいぐいと読みました。人を好きになる気持ちって大切ですねー。人生を前向きにしますね。読み終えた後、こういう恋愛がしてみたい!千正さんみたいな人に出会いたい、という気持ちにさせてくれました。(陽都さん)

最近チェックした商品