角川文庫

トオチカ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041038833
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

トオチカ

  • 著者 崎谷 はるひ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041038833

不器用すぎるほど生真面目な女性に訪れる、甘やかな恋の奇跡の物語

「頼むから、やさしくさせろよ。そうさせてくれない女、おまえくらいだよ――」
「頼むから、やさしくさせろよ。そうさせてくれない女、おまえくらいだよ……」
あまくて、切なくて、ハッピーになれる
ひと粒のショコラのような、極上恋愛小説


親友と2人で鎌倉に小さなアクセサリー店「トオチカ」を営む里葎子。
都内で働いていたころ、恋愛により手酷いトラウマをおったが、時間をかけて人生を立て直したことに、ひそかな誇らしさを感じていた。
そんな彼女の心をひさしぶりに動かしたのは、店に立ち寄るバイヤーの千正だった。
けれど彼のおおらかな男らしさに、無意識にからだが竦んでしまう。
戸惑いながらも自分の気持ちにむきあった里葎子は……。
不器用な大人に訪れた、恋という奇跡の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トオチカ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 某オキニさんの感想をきっかけに一部で盛り上がっているこの作品ですが、読んでみたらば想像以上の掘り出し物。『たいへんよくできました』。トラウマ持ちの主人公とやたら彼女を怒らせるイケメンの恋愛は月9という 某オキニさんの感想をきっかけに一部で盛り上がっているこの作品ですが、読んでみたらば想像以上の掘り出し物。『たいへんよくできました』。トラウマ持ちの主人公とやたら彼女を怒らせるイケメンの恋愛は月9というよりもロマンス小説ですね。もともとBL作家さんだけあってトラウマと俺様キャラの扱いは手慣れた感満載。注目の“エロ”は(笑)俺視点で見るとムラムラくるというよりも、こと細かな行為の描写のなかに繊細な優しさとか微妙なもどかしさが見られて、カラダとともにココロを重ねるとてもよい“エロ”だったと思いますよ。 …続きを読む
    おかむー
    2016年06月26日
    107人がナイス!しています
  • お気に入りさんの感想に釣られて、初めての崎谷さん。甘かった。そして、エロかった。トラウマを抱えた主人公が軽そうに見えるイケメンに懐柔されていくってとこは好みな展開で、びゅーんと一気読みだったわけですが お気に入りさんの感想に釣られて、初めての崎谷さん。甘かった。そして、エロかった。トラウマを抱えた主人公が軽そうに見えるイケメンに懐柔されていくってとこは好みな展開で、びゅーんと一気読みだったわけですが、それにしても。なんというか、あのエロさはふつう?私がいい年してうぶなの?っていうか、うぶって(笑)。と、動揺を隠しきれなくなってしまうくらいエロかったよ。これはねー、女性の方がピンとくるやつかも。どうなのかな?女性も男性も、ちょっと読んでみてほしいよ。あ、でも期待しすぎないでね。エロいのはほんの一部だから。 …続きを読む
    さおり
    2016年06月10日
    87人がナイス!しています
  • 2016年158冊め。単行本で初読、文庫化で再読。そうそう、こんなにこじらせている話だったなあと思い出す。わかるんだけどね、大丈夫? と声をかけたくなる。書き下ろしの短編はベッドシーン多め。単行本の時 2016年158冊め。単行本で初読、文庫化で再読。そうそう、こんなにこじらせている話だったなあと思い出す。わかるんだけどね、大丈夫? と声をかけたくなる。書き下ろしの短編はベッドシーン多め。単行本の時も思ったけれど、表紙の主人公のイメージが作中と違っていて戸惑うのだ。文庫も表紙書き下ろしなのにロングヘアなのは変わらないのね。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年03月06日
    77人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

恋愛小説という先入観から入ったので、最初のギスギスした雰囲気にあれ?と思いましたが、読み終わったらもうニヤニヤとときめきが止まりません!途中からトオチカの世界に入り込みすぎて、里葎子と一緒に怒ったり切なくなったり。だからこそ終盤は二倍ハッピーを感じました。(ほむさん)

読みやすくて一気に読み切りましたし、世界にすぐに入り込めました。読書から少し遠ざかっている人にもオススメ出来る本でした。甘い恋愛ドラマなのですが、甘過ぎない入り込みやすいお話でした。リアル感も絶妙だと思います。普段の生活を忘れて物語に浸りたいと言う時にピッタリの本だと思いました。(のっちさん)

久々に恋愛というものを思い出し、時間を忘れ、ぐいぐいと読みました。人を好きになる気持ちって大切ですねー。人生を前向きにしますね。読み終えた後、こういう恋愛がしてみたい!千正さんみたいな人に出会いたい、という気持ちにさせてくれました。(陽都さん)

最近チェックした商品