我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041007457

我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明

  • 著者 結城 光流
  • イラスト 伊東 七つ生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041007457

450万の部数を誇る「少年陰陽師」の結城光流が描く新説・安倍晴明伝!!

人と化生のあいだに生まれた安倍晴明。陰陽師として類い希なる力を持っていた彼には貴族から依頼がたえない。ある日、賀茂祭を見に行った晴明は、外つ国からきた、化け物と鉢合わせするが――!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「少年陰陽師」シリーズの結城作品から安倍晴明に焦点を当てた作品登場。少年陰陽師の印象が強い晴明の若いころの話となっており、性格も真逆。この性格がどう転がって変わったのか信じられないくらい。十二神将との 「少年陰陽師」シリーズの結城作品から安倍晴明に焦点を当てた作品登場。少年陰陽師の印象が強い晴明の若いころの話となっており、性格も真逆。この性格がどう転がって変わったのか信じられないくらい。十二神将との出会いと試練。十二神将軍全員のやりとりのエピソードが入っているので、それだけでかなり消耗。やっぱり騰蛇は格別。榎岦斎が明るい存在で晴明のそばにいることが新鮮でもある。橘の姫との出会いも◎。 …続きを読む
    nins
    2013年06月04日
    49人がナイス!しています
  • 結城光流氏の「吉祥寺・・」を読んだら安倍晴明を読みたくてチェックしたらレビュー無の読了になっていた。これ一冊じゃ次がどう展開するのかわからなくてレビューをしなかったのか・・それとも外つ国の吸血鬼に興醒 結城光流氏の「吉祥寺・・」を読んだら安倍晴明を読みたくてチェックしたらレビュー無の読了になっていた。これ一冊じゃ次がどう展開するのかわからなくてレビューをしなかったのか・・それとも外つ国の吸血鬼に興醒めしたのか・・。十二神将・・神とは人がつくりしモノ。何かを得るには義務と責任を負う。忘れたか人間・・・。 …続きを読む
    はつばあば
    2018年05月03日
    48人がナイス!しています
  • これは何回も読みなおしたい。半妖として「妖(闇)」と「人間」の狭間にいる安倍晴明と、西の鬼(吸血鬼)の妻だった記憶を持つ?橘の姫(若菜)が出会うことにより、晴明が「天命」を自ら覆していく力業が軸。また これは何回も読みなおしたい。半妖として「妖(闇)」と「人間」の狭間にいる安倍晴明と、西の鬼(吸血鬼)の妻だった記憶を持つ?橘の姫(若菜)が出会うことにより、晴明が「天命」を自ら覆していく力業が軸。また晴明が命を賭して、十二神将を式に召喚する描写も素晴らしい。一人一人の神将のキャラクター設定はオリジナリティがあるだけではなく人間味もあり、文章から神将が浮き上がってくる。晴明が闇に落ちることを致し方なしと諦めていた心情から、これまで抑えてきたおのれの力を一気に開放し神気と対峙する下りは、映画のような迫力。 …続きを読む
    空のかなた
    2019年04月15日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品