群青の夜の羽毛布

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041006962

群青の夜の羽毛布

  • 著者 山本 文緒
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041006962

母と娘、嘘と不安。繊細な心が求めるものとは--。

ひっそり暮らす不思議な女性に惹かれる大学生の鉄男。しかし次第に、他人とうまくつきあえない不安定な彼女に、疑問を募らせていき--。家族、そして母娘の関係に潜む闇を描いた傑作長篇小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「群青の夜の羽毛布」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 母娘ものですが恐ろしいです。完全に歪んでいますね。厳格で体罰をも繰り返す母、逆らえないさとる、反発しつつ離れないみつる。正直この家族は病んでいるとしか言えませんでした。さとるに惹かれる鉄男も巻き込みな 母娘ものですが恐ろしいです。完全に歪んでいますね。厳格で体罰をも繰り返す母、逆らえないさとる、反発しつつ離れないみつる。正直この家族は病んでいるとしか言えませんでした。さとるに惹かれる鉄男も巻き込みながら、母の絶対的支配を感じます。決して安心できる家族ではないけれど、皆が帰る家族なんでしょうね。鉄男もやっぱり母に縛られていて。大切な人同士でなければならないのに噛み合ない辛さが刺さります。母親は酷い人間だけれど、最後にさとるが希望を見せてくれて良かったです。 …続きを読む
    優希
    2015年01月07日
    61人がナイス!しています
  • ひさしぶりに文緒さん。相当な衝撃を受ける。狂気的な母娘関係をテーマとしたものは近年いくつか読むも、こちらの初出が1995年なのは驚き。筋立てが大変巧妙で、次々起こる(襲うに近い)出来事、引き出される過 ひさしぶりに文緒さん。相当な衝撃を受ける。狂気的な母娘関係をテーマとしたものは近年いくつか読むも、こちらの初出が1995年なのは驚き。筋立てが大変巧妙で、次々起こる(襲うに近い)出来事、引き出される過去が違和感なく、そしてまとまりよく描かれているのはさすが。登場人物の書き分けも見事。さとるの唯一の希望になるのかと予想した鉄男も聖人君子的な男ではなく、さとる本人も過去に鉄男を批判できない壮絶なものを抱えているのも生々しい。もちろん母も。父も。日頃隠している心の闇、嫌な部分を見事に書き切った秀作。 …続きを読む
    アコ
    2017年02月13日
    26人がナイス!しています
  • 初作者。読ませる力がすごかったです。ただあまりにも嫌すぎて(褒め言葉)、一度中断すると次を読むのに気合いが必要でした。どの人物も好きになれなかったけど特に母親、あれはない。あんな人が教師だと思うとぞっ 初作者。読ませる力がすごかったです。ただあまりにも嫌すぎて(褒め言葉)、一度中断すると次を読むのに気合いが必要でした。どの人物も好きになれなかったけど特に母親、あれはない。あんな人が教師だと思うとぞっとする…性格が真面目すぎるのだと思っていたら何歳になっても女で妻や母にはなれなかった人なんだと鉄男の件でよくわかりました。鉄男もあの夜がなければいい男だと思っていられたのにな…この家族はどうなるんだろう?みつるが捨てる覚悟が出来ただけでもよかったのかな。子供の枷になるような家庭にはしたくないと切に思いました。 …続きを読む
    まっぴー
    2017年03月22日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品