レ・ミゼラブル (下) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年02月28日
商品形態:
電子書籍

レ・ミゼラブル (下)

  • 著者 ヴィクトル・ユゴー
  • 訳者 永山 篤一
発売日:
2013年02月28日
商品形態:
電子書籍

無償の愛が、一人の男を変え、世界をも変えていく──

あわただしい時代のなかで、貧しくても上昇志向でがんばっていた青年マリウスは、ある美少女に恋をした。謎の男性といつも一緒のコゼットだ。彼女への思いをつのらせる彼だったが、革命騒ぎのまっただなかに巻き込まれ、絶体絶命となる。そのとき、コゼットと一緒にいた男、ジャン・ヴァルジャンと再会した! ジャヴェール警部、凶悪犯テナルディエなどもまじえながら、壮大な物語は感動のクライマックスへと向かう――。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「レ・ミゼラブル (下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 激動の時代に生きた人々の物語。19世紀を目の当たりにした著者が願った通りの平穏な未来が今のこの世界にないことが些か残念だと思うと同時に、人間の刻む歴史はそんなものだと思う自分もいる。己の信念に殉じたジ 激動の時代に生きた人々の物語。19世紀を目の当たりにした著者が願った通りの平穏な未来が今のこの世界にないことが些か残念だと思うと同時に、人間の刻む歴史はそんなものだと思う自分もいる。己の信念に殉じたジャン・ヴァルジャン。彼のあまりにも厳しく苛烈な生き様には胸を打たれる。肉親のいない彼がコゼットを愛し、そして愛され「幸せだった」と思える時を過ごせたことは救いだけれども。「これからの幸せ」にも目を向けて欲しかった。それだけの贖罪はしたのだと思うから。偽りの名の元に彼の成したことは偉業と言って遜色はない筈だ。→ …続きを読む
    みやこ
    2017年01月14日
    85人がナイス!しています
  • 名作は色あせないものだ。今読んでも夢中になり、めくる手は止まらない。時代、冒険、恋愛、宗教ありとあらゆるものが詰まった壮大なドラマだった。登場人物一人一人にかける作者の思いも熱くってジャンバルジャンだ 名作は色あせないものだ。今読んでも夢中になり、めくる手は止まらない。時代、冒険、恋愛、宗教ありとあらゆるものが詰まった壮大なドラマだった。登場人物一人一人にかける作者の思いも熱くってジャンバルジャンだけの人生にとどまらず。ジャヴェール警部の心の動きもハラハラしながら‥‥。テナルディエだけは最後まで変わらず悪党だったけど。コゼット、マリウス早く早くと急く気持ちが絶頂。いい所で終わるなあ。ああ、読んでよかった。興奮気味にレビューを書いてしまって、お恥ずかしい限りです。とにかく良かったです。 …続きを読む
    ひらちゃん
    2018年02月19日
    70人がナイス!しています
  • 誠に感傷的な感想になるのですが、最期のジャン・ヴァルジャンの姿には涙が出そうになってしまいましたT_T 特にマリウスが完全に誤解してしまい、コレットがだんだんと離れていく展開にはジャヴェールの最期も 誠に感傷的な感想になるのですが、最期のジャン・ヴァルジャンの姿には涙が出そうになってしまいましたT_T 特にマリウスが完全に誤解してしまい、コレットがだんだんと離れていく展開にはジャヴェールの最期も衝撃的であった為、ハラハラしながら読み進める形になり、ジャン・ヴァルジャンが二つの答えの前で葛藤する姿では僭越ながら自身の経験と重ねてしまい、彼の辛い選択に心を痛めていました。自分もジャン・ヴァルジャンのように愛と幸せを人に贈る事が出来る強い心を持てるように普段より己を見失わないように生きていきたいです。 …続きを読む
    たきすけ
    2016年01月27日
    70人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品