試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041005743

レ・ミゼラブル (上)

  • 著者 ヴィクトル・ユゴー
  • 訳者 永山 篤一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041005743

永遠の名作を、新しく読みやすい抄訳で!

貧しさにたえかねて一片のパンを盗み、19年を牢獄ですごさねばならなかったジャン・ヴァルジャン。出獄した彼は、ミリエル司教の館から銀の食器を盗み出すが、慈悲ぶかい司教の温情が、彼を目ざめさせる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レ・ミゼラブル (上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 意思の力ではどうにもならないことがある。置かれた現状の中で人は足掻きながらも生きていかなければならない。見ず知らずの他人に子供を預けたのはフォンティエーヌの無知。だが、彼女にはそれ以外の手段はなかった 意思の力ではどうにもならないことがある。置かれた現状の中で人は足掻きながらも生きていかなければならない。見ず知らずの他人に子供を預けたのはフォンティエーヌの無知。だが、彼女にはそれ以外の手段はなかった。テナルディエのような狡猾な大人はどこにでもいる。司教に出会えたジャン・ヴァルジャンは幸運だったが、前科があるが故の偏見に苦しむ人生は変わらない。係った人や環境が人を幸福に導き、或は不幸に陥れる。苦難に陥っても綺麗な心を失わない人もいれば、心の底から腐った悪党もいる。本書はそんな人々の生き様を描いた物語だ。→ …続きを読む
    みやこ
    2017年01月10日
    83人がナイス!しています
  • あれ?読みやすい。昔、家にあった世界文学全集に収められていたものは、長々と説明が多く読みずらかったイメージが…。と思ったら、角川文庫から出てるのは抄訳版なのですね。おかけですっかり物語の世界へすんなり あれ?読みやすい。昔、家にあった世界文学全集に収められていたものは、長々と説明が多く読みずらかったイメージが…。と思ったら、角川文庫から出てるのは抄訳版なのですね。おかけですっかり物語の世界へすんなり入り込めました。楽しめるならこちらでいいんじゃないかな?「夢やぶれて」を聞きながら下巻にまいります。 …続きを読む
    ひらちゃん
    2018年02月15日
    73人がナイス!しています
  • 世の貧困・無慈悲さからくる差別・腐りゆく精神の本質を突く内容であり、読んでいて実に辛い内容でした。しかし貧富の差から妬む心が生まれるのは事実であり、生まれながらのヒエラルキーに対する登場人物達の生き方 世の貧困・無慈悲さからくる差別・腐りゆく精神の本質を突く内容であり、読んでいて実に辛い内容でした。しかし貧富の差から妬む心が生まれるのは事実であり、生まれながらのヒエラルキーに対する登場人物達の生き方・反応はそのままそっくり我々の世界との合わせ鏡なのでしょう。ジャン・ヴァルジャンをはじめとする救いを掴む者・貧困に蝕まれる者・気高き思想を求める者 、、世界は選択と自由に満ち溢れていますが、選択肢すら選べない人々はどうすれば良いのか? この物語の先にある結末を読む為、下巻も読みたいと思います。 …続きを読む
    たきすけ
    2016年01月27日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品