クロス×レガリア 死神の花嫁 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年01月31日
商品形態:
電子書籍

クロス×レガリア 死神の花嫁

  • 著者 三田 誠
  • イラスト ゆーげん
発売日:
2013年01月31日
商品形態:
電子書籍

ボディガードと殺し屋、そして二人の吸血姫──宿命の戦いの結末は!?

ナタを襲う「もう一人の鬼仙兵器」ウー。その正体に驚いたのも束の間、突如戦いに介入してきた「殺し屋」灰岡ジンは衝撃的な事実を語る。「実はさ。本当は、俺が白翁になるはずだったんだ!」殺し合うように愛し合い、何者をも寄せ付けない強い絆で結ばれた最凶の恋人たち。何故彼らは出会い、そしてナタと馳郎の前に現われたのか? そこには鬼仙兵器を創りだした張本人・太乙真人の思惑が絡んでいた……。宿命の対決が幕を開ける!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「クロス×レガリア 死神の花嫁」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前巻から引き続きで、ジンの持つツールによって白翁のネットワークも止められ、カエアンも故障で修理しないといけない厳しい状況で、ジンとの再戦に挑まないといけなくなったお話。ジンも打つべき手を打って、対策も 前巻から引き続きで、ジンの持つツールによって白翁のネットワークも止められ、カエアンも故障で修理しないといけない厳しい状況で、ジンとの再戦に挑まないといけなくなったお話。ジンも打つべき手を打って、対策も立てて封じてきたんですが、覚悟して窮地に陥った馳郎を救うカエアンの熱い思い、そして苦しい状況ながらも使える手をいくつも用意して、その行動から予測し、ひっくり返してみせた馳郎も見事でした。ナタは馳郎との関係は着実に前進したように思えるものの、そんな中自分の気持ちを自覚してしまった蓮花の今後もまた気になりますね。 …続きを読む
    よっち
    2014年06月02日
    32人がナイス!しています
  • 『私は、マスターと覚悟をともにしたいのです』個人的に妙に印象に残ったのがこのセリフ。マスターである馳郎の力になると決めた〈カエアン〉の覚悟に胸が熱くなった。こういうの好きだわ。そしてバトルがいつも以上 『私は、マスターと覚悟をともにしたいのです』個人的に妙に印象に残ったのがこのセリフ。マスターである馳郎の力になると決めた〈カエアン〉の覚悟に胸が熱くなった。こういうの好きだわ。そしてバトルがいつも以上に熱い!最後の馳郎によるどんでん返しは見事としか。ホント毎回いい意味で裏切ってくれる(笑)ラブコメも絶好調で今回もニヤニヤしっぱなしだった。ナタが相変わらず可愛いすぎる!チャイナドレス最高です(笑)自分の気持ちを自覚した蓮花が切ないなぁ…。とはいえ彼女も好きなキャラなのでこれからも活躍してほしい。次も楽しみ。 …続きを読む
    コリ
    2013年01月01日
    23人がナイス!しています
  • 三田誠先生(@makoto_sanda)の作品 #ラノベ やっぱり馳郎はかっこいいなあ。鏡のようなライバルとの激闘でしたが、やはり彼が王の資格を持っていたということですね。しかし、先代もただの好々爺で 三田誠先生(@makoto_sanda)の作品 #ラノベ やっぱり馳郎はかっこいいなあ。鏡のようなライバルとの激闘でしたが、やはり彼が王の資格を持っていたということですね。しかし、先代もただの好々爺ではなかったようだし、今後どうなるか? そして蓮花ちゃん……、もう最初から負け犬ポジションだよ …続きを読む
    水無月冬弥
    2013年01月16日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品