のぞきめ

気をつけろ、「あれ」が覗きに来る……。「弔い村」に伝わる戦慄の怪異譚。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年11月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041103463

のぞきめ

気をつけろ、「あれ」が覗きに来る……。「弔い村」に伝わる戦慄の怪異譚。

  • 著者 三津田 信三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年11月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041103463

気をつけろ、「あれ」が覗きに来る……。「弔い村」に伝わる戦慄の怪異譚。

辺鄙な貸別荘地にバイトに来た若者たちは禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「のぞきめ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ⭐️⭐️⭐️3/5 ふ〜そんなに怖くなかった^_^序章とかかなり怖がらせる文章だったけど、笑ってしまう所もあったよ^_^でも、のぞきめは嫌だね。誰かに覗かれてるってのは怖いね。女性からの熱い視線なら好 ⭐️⭐️⭐️3/5 ふ〜そんなに怖くなかった^_^序章とかかなり怖がらせる文章だったけど、笑ってしまう所もあったよ^_^でも、のぞきめは嫌だね。誰かに覗かれてるってのは怖いね。女性からの熱い視線なら好きだけどね^_^ …続きを読む
    こうじ
    2016年03月14日
    202人がナイス!しています
  • 山神様の依代とされる特別な樹木・いわゆる御神木を故意に、又は誤って伐ってしまった者には【除木子】(のぞきね)という化物が付き纏い、四六時中その視線に覗かれ、神経に異常を来すという。とある山間部に伝わる 山神様の依代とされる特別な樹木・いわゆる御神木を故意に、又は誤って伐ってしまった者には【除木子】(のぞきね)という化物が付き纏い、四六時中その視線に覗かれ、神経に異常を来すという。とある山間部に伝わる民間口承。その【のぞきね】から派生・酷い殺生の果てに【のぞきめ】という【穢れ】生じさせた旧家「終い屋敷の鞘落家」祭祀で浄めきれず、尚も繰り返す非道に【穢れ】はますます濃密となり、鞘家への祟りは村人にも被害及ぼす。小野不由美さん『残穢』から初の三津田信三さんは、序章から読者に怪異起こりうる警告付きの実話系物語→ …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)
    2015年10月17日
    162人がナイス!しています
  • 日本の古い因習や民俗学、集落ならではの風習など、こういうことがあったかもしれないと思わせる説得力が、この物語にはある。ホラーだけれど、ただ怖いだけではない。村の災厄を引き受ける依代として、人生を奪われ 日本の古い因習や民俗学、集落ならではの風習など、こういうことがあったかもしれないと思わせる説得力が、この物語にはある。ホラーだけれど、ただ怖いだけではない。村の災厄を引き受ける依代として、人生を奪われてしまった母娘。ひとりの人間としてそこに居るのに、居ないものとして扱われることが、どれほど哀しくて淋しいことか、書かれてはいないけれど、そんな少女の想いがひしひしと伝わってくる。怪異を生み出すのは、紛れも無い人間であるということ。しきたりのために、口裏を合わせる村人の故意が生み出した、それが「のぞきめ」。 …続きを読む
    風眠
    2014年04月04日
    112人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品