のぞきめ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年11月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041103463

のぞきめ

  • 著者 三津田 信三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年11月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041103463

気をつけろ、「あれ」が覗きに来る……。「弔い村」に伝わる戦慄の怪異譚。

辺鄙な貸別荘地にバイトに来た若者たちは禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「のぞきめ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ⭐️⭐️⭐️3/5 ふ〜そんなに怖くなかった^_^序章とかかなり怖がらせる文章だったけど、笑ってしまう所もあったよ^_^でも、のぞきめは嫌だね。誰かに覗かれてるってのは怖いね。女性からの熱い視線なら好 ⭐️⭐️⭐️3/5 ふ〜そんなに怖くなかった^_^序章とかかなり怖がらせる文章だったけど、笑ってしまう所もあったよ^_^でも、のぞきめは嫌だね。誰かに覗かれてるってのは怖いね。女性からの熱い視線なら好きだけどね^_^ …続きを読む
    こうじ
    2016年03月14日
    202人がナイス!しています
  • 山神様の依代とされる特別な樹木・いわゆる御神木を故意に、又は誤って伐ってしまった者には【除木子】(のぞきね)という化物が付き纏い、四六時中その視線に覗かれ、神経に異常を来すという。とある山間部に伝わる 山神様の依代とされる特別な樹木・いわゆる御神木を故意に、又は誤って伐ってしまった者には【除木子】(のぞきね)という化物が付き纏い、四六時中その視線に覗かれ、神経に異常を来すという。とある山間部に伝わる民間口承。その【のぞきね】から派生・酷い殺生の果てに【のぞきめ】という【穢れ】生じさせた旧家「終い屋敷の鞘落家」祭祀で浄めきれず、尚も繰り返す非道に【穢れ】はますます濃密となり、鞘家への祟りは村人にも被害及ぼす。小野不由美さん『残穢』から初の三津田信三さんは、序章から読者に怪異起こりうる警告付きの実話系物語→ …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火
    2015年10月17日
    166人がナイス!しています
  • これは怖かった…背後や四方にふと感じる視線や些細な隙間から覗かれる脅威、気付けば怪しく振り返るばかり(笑)年代違えど重なるところ多い二つの怪談を順に読ませる構成は分かりやすい。“のぞきめ”という伝承を これは怖かった…背後や四方にふと感じる視線や些細な隙間から覗かれる脅威、気付けば怪しく振り返るばかり(笑)年代違えど重なるところ多い二つの怪談を順に読ませる構成は分かりやすい。“のぞきめ”という伝承を、最初の話では祟り・呪いなど不明瞭に描いている。それを2つ目で、閉塞的な田舎での村八分な模様や憑き物など重苦しい事実を絡ませて、匂わせていた真打ち登場へと導く。最後に怒濤の急展開みせて閉じられた後、終章で解析される内容が実に上手い!少し強引な設定や伏線があるのは否めないが、何度も感嘆させられた種明しはお見事! …続きを読む
    nobby
    2018年02月14日
    152人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品