ブランコ乗りのサン=テグジュペリ

『ミミズクの夜と王』の著者が選んだ物語のフロンティア! 堂々、開演。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041103937

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ

『ミミズクの夜と王』の著者が選んだ物語のフロンティア! 堂々、開演。

  • 著者 紅玉 いづき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041103937

『ミミズクの夜と王』の著者が選んだ物語のフロンティア! 堂々、開演。

不完全であれ。未熟であれ。不自由であれ――スポットライトと拍手が、彼女達のすべて。あまたの憧れと挫折の果てに、選ばれた人間だけが舞台へと躍り出るサーカス。そこは、一瞬に命をかける少女達が集う舞台。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ブランコ乗りのサン=テグジュペリ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お気に入りの紅玉いづきさんの作品を読むのは4作目。またまた紅玉いづきさんの世界に一気に惹き込まれた*とても綺麗で儚く美しい物語。人々を魅了する少女サーカスで純真に命懸けで舞台に立つ少女達。選ばれし者だ お気に入りの紅玉いづきさんの作品を読むのは4作目。またまた紅玉いづきさんの世界に一気に惹き込まれた*とても綺麗で儚く美しい物語。人々を魅了する少女サーカスで純真に命懸けで舞台に立つ少女達。選ばれし者だけが演者になることができ、それぞれ文学者の名前を与えられる。サン=テグジュペリ、アンデルセン、カフカetc…。涙海(るう)と愛涙(える)双子の姉妹の思い、少女達の覚悟、嫉妬など色々なことが語られる。文章もとても綺麗。閉幕の章では涙してしまう。『一瞬を永遠にかえて』少女の願い。幻想的で美しく素晴らしい夜間飛行* …続きを読む
    ❁かな❁
    2015年09月11日
    171人がナイス!しています
  • 紅玉さんの美しい言葉選び、そして流れる様な文章を堪能しました。本を開く度に、私は 人々の期待と興奮が埋め尽くす少女サーカスへと誘われました。そこには数多の辛苦を舐め、己を犠牲にしてきた者の たじろぐ様 紅玉さんの美しい言葉選び、そして流れる様な文章を堪能しました。本を開く度に、私は 人々の期待と興奮が埋め尽くす少女サーカスへと誘われました。そこには数多の辛苦を舐め、己を犠牲にしてきた者の たじろぐ様な美しさと、誇り高い気高さが充満しています。永遠をちょうだいと歌いながらも、只その一瞬の為だけに命を燃やし尽くす。美しさは、何よりも汚い物の上に成り立つ。不完全で、不自由だからこそ美しい。片足となったサン=テグジュペリは、半身である双子の片割れから手を放し、掴んだのはブランコではなく、自由と永遠でした。 …続きを読む
    *すずらん*
    2014年01月22日
    143人がナイス!しています
  • 【年年歳歳、花相似たり。歳歳年年、花同じからず】先々アンデルセンは団長となり、少女サーカスと、少女たちの永遠という名の「刹那」を守って行くのだろう‐補佐役はカフカ。一読して、おっさん読書子には届かぬと 【年年歳歳、花相似たり。歳歳年年、花同じからず】先々アンデルセンは団長となり、少女サーカスと、少女たちの永遠という名の「刹那」を守って行くのだろう‐補佐役はカフカ。一読して、おっさん読書子には届かぬと思えた感性。命を切り売りする少女たちの裏で蠢く非合法な賭博とダーティな手段。天災続きのベイエリア復興に、経済特区として公営カジノ設立し、その客寄せのため創設された少女サーカス団。現代の宝塚を彷彿させる学校に、あまたの少女達の憧れの頂点に立つ勝利者・パフォーマー。姉の身代わりを勤める愛涙へ「一時でも、生きる→ …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)
    2013年07月26日
    133人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品