ブランコ乗りのサン=テグジュペリ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041037393

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ

  • 著者 紅玉 いづき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041037393

わたし達は、花の命。今だけを、美しくあればいい。

20世紀末に起きた天災から数十年後、復興のために首都湾岸地域に誘致された巨大カジノ特区に、客寄せ目的で作られた少女サーカス団があった。選ばれた少女たちは観衆の憧れと熱狂を身に纏い、舞台に立つが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ブランコ乗りのサン=テグジュペリ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天幕に覆われた果てしない舞台… 幻想的な中の一瞬の煌めき… 幼い頃連れられたサーカスに対峙した時の高揚が甦ったよう! 少女サーカス、曲芸学校というともすれば宝塚歌劇団を彷彿させるような女の園。男には思 天幕に覆われた果てしない舞台… 幻想的な中の一瞬の煌めき… 幼い頃連れられたサーカスに対峙した時の高揚が甦ったよう! 少女サーカス、曲芸学校というともすれば宝塚歌劇団を彷彿させるような女の園。男には思い付けないような悪意や葛藤、一つの価値に対する思いが霰もなく綺麗に描かれていましたね。愛される事に長けたアンデルセンが愛するものを守ろうとしたのも、カフカが微笑んだのも、永遠という不完全を求めるが故。最後に愛涙が求めた夢も、涙海が片脚を置いてきたブランコの上も一瞬という閃光の中で永遠をみつけたからかな♪ …続きを読む
    Shinji
    2016年06月09日
    81人がナイス!しています
  • 儚く脆い、一瞬の煌めきを、美しさを、命をかけて披露する少女サーカスの演目者たちの物語。双子の妹に代役を頼まれるブランコ乗りのサン=テグジュペリ、笑わない猛獣使いのカフカ、美しき娼婦の歌姫アンデルセン、 儚く脆い、一瞬の煌めきを、美しさを、命をかけて披露する少女サーカスの演目者たちの物語。双子の妹に代役を頼まれるブランコ乗りのサン=テグジュペリ、笑わない猛獣使いのカフカ、美しき娼婦の歌姫アンデルセン、折れそうな細さでパントマイムを演じる人形チャペック…。学園での熾烈な競争をを経て演目者となった彼女たちの、それは戦い。どの少女も美しく、脆く、そして強い。さすがは紅玉いづき。ずっと読みたくて読めていなかったが、やっぱり読んでよかった。ラストのサン=テグジュペリは良かったなー。やはり彼女は舞台にいてこそ。 …続きを読む
    ゆんこ姐さん@祖父母介護の毎日
    2016年05月25日
    74人がナイス!しています
  • 文章は昔より読みにくくなった気はしたけれど、なめらかで艶やか。紅玉さんの一人称視点は新鮮でぐいぐい物語のなかに引き込まれた。相変わらず描写が詩のようで美しい。スポットライトを浴びるブランコ乗りに人魚の 文章は昔より読みにくくなった気はしたけれど、なめらかで艶やか。紅玉さんの一人称視点は新鮮でぐいぐい物語のなかに引き込まれた。相変わらず描写が詩のようで美しい。スポットライトを浴びるブランコ乗りに人魚のような歌姫、獣を友とする猛獣使いの少女たちの生き方は強くたくましく艶やかで、逆に男性の魅力の薄さが気になった。きっとアンソニーはいい男なのだろう。それが伝わらなかったのが残念だ。歌姫アンデルセンが守ろうとするサーカスの形が朧げであるのと、守り方の描写にももうすこし掘り下げが欲しかった。でもまた再読したい。 …続きを読む
    2016年01月05日
    59人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品