ムツゴロウと天然記念物の動物たち 森の仲間

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784044052119

ムツゴロウと天然記念物の動物たち 森の仲間

  • 著者 畑 正憲
  • カバーデザイン ムシカゴ グラフィクス
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784044052119

野山を探って得た動物たちとの心温まる交流の記録

時間を忘れて毛づくろいをし合うニホンザル、しぼり出されたクリームのようなシロヘビ――。森や陸地で出合った個性的な動物たちとのエピソードを、生命への愛情たっぷりに描く、人間と自然の魂の交流の記録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ムツゴロウと天然記念物の動物たち 森の仲間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昭和47年。30歳代後半と思しきムツゴロウさん、日本に生きて残っている天然記念動物を探しに行く。少年のような好奇心と、生命の造形に向き合う真摯さは変わりなく、やせ我慢したり人間に怒ったりする辺りが若い 昭和47年。30歳代後半と思しきムツゴロウさん、日本に生きて残っている天然記念動物を探しに行く。少年のような好奇心と、生命の造形に向き合う真摯さは変わりなく、やせ我慢したり人間に怒ったりする辺りが若い。怒ろうとも抗議しようとも、人間の所業は変わることなく破壊を尽くし、このうちどれだけが絶滅せずに残っているかと暗澹とした気分になる。理解を深めるためにコウモリを焼いて食べるとかシロヘビに顔を狙わせるとかグジョウジドリの鶏舎の真ん中で寝たふりするとか、向き合い方の独特さには毎回度肝を抜かれる。痛快さと切なさと。 …続きを読む
    Sakie
    2020年08月10日
    17人がナイス!しています
  • ムツゴロウさんの動物や自然への愛情が伝わってくる。時に行動が残酷にも感じられるが、私の方が偽善なのだ。偽善者ながらも自然や動植物がこれ以上失われないことを強く願う。 ムツゴロウさんの動物や自然への愛情が伝わってくる。時に行動が残酷にも感じられるが、私の方が偽善なのだ。偽善者ながらも自然や動植物がこれ以上失われないことを強く願う。
    かおる
    2014年07月11日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品