3.11行方不明 その後を生きる家族たち

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年03月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041104316

3.11行方不明 その後を生きる家族たち

  • 著者 石村 博子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年03月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041104316

3.11後、行方不明の家族を待ち続ける人々の想いとは?

東日本大震災の行方不明者約2700人。娘を捜し続ける父、妻の職場に説明を求め続ける夫、親子2代で地域の復興に頑張る経営者…。行方不明者と共に生きようとする家族たちを描いたヒューマンドキュメント。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「3.11行方不明 その後を生きる家族たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東日本大震災で家族が行方不明となり、その行方不明となった家族を捜し続ける人たちの体験談です。1つ1つの体験談がとても重く、読み終えるのに時間がかかりました。5年という歳月が経ちましたが、その歳月をどん 東日本大震災で家族が行方不明となり、その行方不明となった家族を捜し続ける人たちの体験談です。1つ1つの体験談がとても重く、読み終えるのに時間がかかりました。5年という歳月が経ちましたが、その歳月をどんな気持ちで過ごしてきたのだろうと思うと言葉もないです。ただ大変申し訳ないのですが、震災当時に感じた何とかしなければという焦燥感は、当時に比べると随分薄れてきたように思います。だからこそこの本を読んで、寄り添おうとする気持ちだけは忘れたくないと思いました。★★★★★ …続きを読む
    うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)
    2016年03月15日
    61人がナイス!しています
  • 彩瀬まるさんの体験ルポ『暗い夜、星を数えて』を読んで、テレビ放送のニュースでしか、東日本大震災と触れていなかったこと、表面的な受け止めだったと気づき、手にしたこのドキュメントでさらにショックを受けまし 彩瀬まるさんの体験ルポ『暗い夜、星を数えて』を読んで、テレビ放送のニュースでしか、東日本大震災と触れていなかったこと、表面的な受け止めだったと気づき、手にしたこのドキュメントでさらにショックを受けました。いまだ多くの方が行方不明、残された家族のお気持ちは胸が張り裂ける思いでしょう。特にお年寄りを助けて行方不明になった女子大生とご両親の章は涙が止まりませんでした。見ないようにしていた、被災動画ですが、このドキュメントの土地の動画を改めて見て、心底から震撼し、恐怖が溢れました。さらに振り返ってみたいと思います …続きを読む
    じょんじょん
    2019年04月03日
    53人がナイス!しています
  • 読みながら何度「今どこにいるの?」と思っただろうか。本当にこれに尽きる。東日本大震災の揺れは本当に怖かったし忘れることは決してないが、私は幸いにして家族や友人が犠牲になるようなことがなかった。そんな私 読みながら何度「今どこにいるの?」と思っただろうか。本当にこれに尽きる。東日本大震災の揺れは本当に怖かったし忘れることは決してないが、私は幸いにして家族や友人が犠牲になるようなことがなかった。そんな私がこんなことを言っていいのか疑問はあるし誰かを傷つけることになるかもしれないが…でも敢えて。亡くなって御遺体が戻ってきた人は行方不明のままの人よりはまだ心のやり場があるのではなかろうか。大切な人が戻ってこない。何も残らず、生きているのか死んでしまったのか、どこにいるのかわからないのは苦しい。 …続きを読む
    くぅ
    2019年03月13日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品