角川文庫

たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く

1945年、敗戦。少年はたった独り、死と隣り合わせの満州の荒野に踏み出

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
436
ISBN:
9784041003732
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く

1945年、敗戦。少年はたった独り、死と隣り合わせの満州の荒野に踏み出

  • 著者 石村 博子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
436
ISBN:
9784041003732

1945年、敗戦。少年はたった独り、死と隣り合わせの満州の荒野に踏み出

「俺が人生で輝いていたのは10歳だった」。41連戦すべて一本勝ち! サンボの生ける伝説・ビクトル古賀はいう。個人史と昭和史、そしてコサックの時代史が重なる最後の男が命がけで運んだ、満州の失われた物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 10歳の少年は、家族とはぐれたった一人で満州から日本へと千キロの道のりを行く。コサックと侍が混じり合う彼の血が、狂乱の地獄を生きながらえるすべを与える。題名から受けた悲痛さはなく、少年ビクトルがコサッ 10歳の少年は、家族とはぐれたった一人で満州から日本へと千キロの道のりを行く。コサックと侍が混じり合う彼の血が、狂乱の地獄を生きながらえるすべを与える。題名から受けた悲痛さはなく、少年ビクトルがコサックの知恵を駆使して苦難を乗り切る爽快さがある。時折一緒になる人間への観察眼。非常時に浮き彫りになる人間の醜さ。心が折れないようにと歌い歩く大草原。本当に怖いのは野生の獣ではなく、人間だったと言う。そして本当の敵は「焦燥と落胆に押し潰されて生きる力をなくしてしまうこと」。感謝し、人に愛され生きるその後の人生。 …続きを読む
    しいたけ
    2018年09月18日
    105人がナイス!しています
  • 「引き揚げ」の話にしては異色。実はその「冒険」にワクワクする自分がいた。ハックルベリーの様なのだ。不謹慎かと思ったが「俺が人生の中でいちばん輝いてたのはハイラルを出てから日本に帰るまでの1年半さ」と7 「引き揚げ」の話にしては異色。実はその「冒険」にワクワクする自分がいた。ハックルベリーの様なのだ。不謹慎かと思ったが「俺が人生の中でいちばん輝いてたのはハイラルを出てから日本に帰るまでの1年半さ」と70代の彼は語る。これもよくぞ無事に日本にたどり着いたからこそ。彼の母方は「コサック」という騎馬戦士の末裔。祖父の自然を知り尽くした知恵が彼を助ける。ソ連からはコサックは見つかれば取り締まられる。父方の親戚を頼りまだ見ぬ日本へ1人旅立ちます。コサック、満州国、大日本帝国と亡国に翻弄される彼に想いを馳せました。 …続きを読む
    かける
    2016年08月01日
    57人がナイス!しています
  • 悲劇を想像していたが、どちらかと言うと冒険譚の様な実話。前半はつまらないが後半はメチャ面白い。今年前半のベスト5に入る。たった10歳の子供が1人で満州より歩いて帰ってきた。地図上ではまっすぐ平坦に見え 悲劇を想像していたが、どちらかと言うと冒険譚の様な実話。前半はつまらないが後半はメチャ面白い。今年前半のベスト5に入る。たった10歳の子供が1人で満州より歩いて帰ってきた。地図上ではまっすぐ平坦に見えるが、山あり谷あり川あり、山賊や狼もいるという。野生的というより、小さい時から母親に食べられる草を習ったり、馬上で受けた運動神経、方向感覚など人知れぬ物を持っている。それは後日サンボ(格闘技でプーチンも実演)で結実。天性の身体能力はコサックの血を引いていることも理由であろう。不思議な感嘆を味わえた作品。 …続きを読む
    James Hayashi
    2018年05月01日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品